ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:キズのケア( 112 )
世界創傷治癒学会連合会議
実は昨日は日帰りで福岡に飛んできた。
「第4回世界創傷治癒連合会議」という長たらしい名前の国際学会の組織委員化に出席のためである。
名前はいかめしいが、要は僕がやっている創傷治癒センターのグローバル番と思ってくだされば好い。
つまり「キズケア」の学会である。
それほどこの分野の範囲も広がり、また進歩を遂げたということだ。

キズの処置に始まり、傷跡をどう直すか、褥瘡や下腿潰瘍など治療に難事するキズの扱い、さては再生医療や看護の問題等多岐にわたる。

国際と銘打つ以上参加予定者も一万人近く、予算も四億円ほどの規模である。
来年9月開催の予定だが、会場は幸い、みなとみらいのパシフィコ横浜で、僕の家から歩いてもいける、30分はかかるが。

国際学会のいいところは、世界の最新情報が入るだけでなく、世界中に散らばったの昔の友達と旧交を温めることができることだ。
僕の役目は国際顧問団団長である。
だが、僕の同世代の奴らはほとんど引退して、人によってはあちらの世界にだが、現在活躍しているのは、2世代も3世代も若返っている。
そして今は、当時は存在しなかった再生医療の黎明期である。何処までこの分野が、患者のベッドサイドに還元されているか、今からワクワクしている。

だが、それにしても九州の日帰りはきつかった。もうお年ですね。
by n_shioya | 2011-08-25 22:07 | キズのケア | Comments(1)
湿潤療法
久しぶりの地方講演だった。
テーマは「湿潤療法について」。
和歌山の養護教員の方々の研修会で、数百人の方が参集してくださった。
湿潤療法_b0084241_22545289.jpg

演劇界の方々は地方巡業をドサ廻りと軽蔑するが、我々東京在住の医療界の者にとっては、地方からお声がかかることは大変名誉で嬉しいことである。
東京での会ならば、同じ東京のものを呼んだ方が手軽で安上がりだし、というのが本音だが、わざわざ地方からお呼びがかるということは、それだけ講演の中身を評価していただけたことになるからである。
そして、旅行好きの僕にとっては、初めての土地を訪ねるチャンスは有難いというもまた本音である。

実は和歌山は二度目である。60年前、医学生の時、東京で開催された「平和に関する国際会議」で知り合った和歌山大学のアメリカ人教授の家に、会議に参加した有志で泊まりがけで押し掛けたことがある。
彼女は精神分析の専門家であった。精神分析は当時は日本では異端視されていた。
だが、滞在中の二人だけのふとした機会に、四方山の話をしているうちに、結果的に僕は彼女の精神分析を受ける仕儀なった。
そして僕は自分でも気付かなかった幼児体験の呪いから解放されたのである。
そして僕は救われた。
これがなければ今の僕は無かったろうと、僕は今でも彼女に感謝している。
この経緯は七年前のライブドアのブログに書いたはずなのでここでは繰り返さない。

湿潤療法について言えば、ここ5,6年で大分普及はしてきたが、学校現場ではやはり、一番導入のネックになっているのはキズパワーパッドのコストであることに変わりはない。
頻繁な張り替えの必要がなく、早くきれいに治ることを考えれば、費用対効果は優れているはずだが、現場ではどうしても、単価の安いものが導入されやすい。
それに、開業している、特に外科系のお医者さん方、と児童の親御さんたちには、まだまだ湿潤療法の啓蒙が必要なことが、講演後の質疑応答で明らかになった。
というわけで、創傷治癒センターの理事長としては、湿潤療法啓蒙のため、老躯に鞭打って、ドサ廻りを続ける覚悟を新たにした。
湿潤療法_b0084241_22551951.jpg

by n_shioya | 2011-08-02 22:56 | キズのケア | Comments(4)
札幌の市民講座
札幌での学会を終え、帰宅したところ。
札幌の市民講座_b0084241_22274933.jpg

第三回創傷外科学会で、僕の役目は同時開催のNPO法人創傷治癒センターの市民講座の仕切り。
市民講座の難しいところは、母集団がないので集客方法の工夫と参加者数の読みである。
幸い、学会長である北大の山本教授と関係者の御尽力で、60名ほどの参加者があり、狭いホールは満杯となった。
札幌の市民講座_b0084241_22283826.jpg

「市民講座」は去年の神戸での創傷治癒学会時に引き続き2回目であるが、NPO法人としては、今後も学会と協力して、「キズのケア」に関する市民の啓蒙を続けていく考えである。

皆さま、本当にありがとうございました。
札幌の市民講座_b0084241_22291236.jpg

by n_shioya | 2011-07-09 21:53 | キズのケア | Comments(3)
湿潤療法
キズケア委員会で湿潤療法の啓蒙に活躍してくれた萩原君が転勤になり、銀座の某所で送別会を開いた。
聞けば同君は三年今の部署にいたそうだが、10年はいたのではと思ったほど、その活躍ぶりは目覚ましかった。
今でこそ、ネットで“湿潤療法”で検索すると、パッと二十万件引っかかるが、これは同君の功績が大である。

湿潤療法”についてはこれまで、モイスト・ヒーリングという言葉で日本に導入され、このブログでも何度も取り上げてきたが、最近では“湿潤療法2のほうが通りが良いくらい、一般にも普及してきた。
様は傷は乾かして瘡蓋をつくって治すよりも、浸出液と言って傷口から染み出る体液を、モダーン・ドレッシングでカバーして温存したほうが早くきれいに治るという考えである。その為に創られたカバー材をモダーン・ドレッシングと呼んできた。

医療用には30年ほど前から、いろいろな製品が考案されてきたが、家庭用には、ジョンソン・エンド・ジョンソンがキズパワーパッドという製品を数年前に発売して、家庭でのキズの処置に優れていると好評を博ししている。

萩原君、本当に御苦労さまでした。
湿潤療法_b0084241_2141478.jpg

by n_shioya | 2011-06-25 21:41 | キズのケア | Comments(8)
札幌市民講座
札幌市民講座_b0084241_22413833.jpg

美女の誕生日と聞くとほっとけないのが僕の悪いくせである。
今週はメディカランドの美女二人がおん年?歳を迎えられた。
メディカランドは”美療アンチエイジング“のリーディング・カンパニーである。
モナリザを祝うには、モナリザしかないというわけで、丸ビルの最上階のフレンチレストラン・モナリザのランチにお誘いした。
美女との会食に勝るアンチエイジングはないということで、僕のほうは厚かましく10歳は若がえってしまった。

札幌市民講座_b0084241_22423186.jpgこうして美女のフォトでぐっとひきつけておいて、次は札幌の市民講座の勧誘である。
昨年、神戸で開催した創傷治癒の市民講座が好評だったので、今度は7月に札幌で、今回も創傷外科学会に合わせて、開催することとなった。
詳しいことはHPをご覧ください。
キズに関する全ての悩みに、専門家がお答えします。


札幌市民講座_b0084241_22432281.jpg

by n_shioya | 2011-06-20 22:48 | キズのケア | Comments(2)
創傷治癒センター理事会
今日は「NPO法人創傷治癒センター」の理事会。
発足して8年。
キズの正しいケアの普及を目指し、まずサイトでの活動を続けてきたが、去年、念願の市民講座を神戸で開催。
今年は7月に札幌で開催予定。
また、このブログで活動をご報告しますのでよろしくご支援、ご参加のほどを。
by n_shioya | 2011-05-23 21:29 | キズのケア | Comments(5)
シンガポール・ミッション
J-tecという企業のことはブログで何度か取り上げたので覚えておられるかともあるだろう。
皮膚と軟骨を中心に再生医療の先端をゆく会社である。実のところ、再生医療を専門とする会社はわが国ではこの一社だけである。
現在は、ジェイスという名前で全国的に培養皮膚の供給を開始し、重症熱傷患者の救命に貢献している。

この事業を東南アジアでも展開すべく、シンガポールに拠点を構えたのが昨年末。そのお手伝いに社長を含め数名の社員の方々とシンガポールに同行したのが、数日前に書いたシンガポール・とんぼ返り・ミッションである。
シンガポール・ミッション_b0084241_2212492.jpg

ちなみにこのフォトで、右端の最も若々しいのがJ-tecの社長である。

シンガポールにはS.T.Lee(通称エス・ティー)という形成外科のパイオニアがいる。
僕より一回り下のおん年70歳。
J-tecの進出にあたり、当地のキーパーソンに仁義を切っておこうというのが、今回の僕の役割であった。
シンガポール・ミッション_b0084241_2215167.jpg

彼とは30年来の付き合いで、以前、僕が国際形成外科学会の副理事長を務めた時には理事の一人として、大いに助けてもらった。
イギリスで教育を受け、弁が立つ男で、理事会でも筋の通った議論で、他の理事と丁々発止とやり合っていた。
とかく、アメリカとヨーロッパ勢で役職を独占し、理事長職もたらいまわしにする風潮に憤慨し、僕に理事長選に立てという。こちらはその器でないと固辞し続けたのは未だに申し訳なく思う。
その後も運営は堕落と続け、ぼくもエス・ティーもこの国際会議から足を洗ったので、今回の再会は十年ぶりである。

日本でもやっと立ち上がったばかりの事業を何故シンガポールでと思われるかもしれないが、シンガポールは東南アジアのハブである。
空港もしかり、金融のセンターでもある。
医療面では、メディカル・ツーリズムをいち早く国策として取り入れ、最先端の医療技術を東南アジアの住民に提供している。

僕はビジネスサイドのことは解らぬが、再生医療の研究面ではエス・ティーのグループとコラボ出来る面が多々ありそうなので、これを機会に旧交を温めなおすこととした。
by n_shioya | 2011-04-25 22:04 | キズのケア | Comments(8)
危険なラップ療法?
最近ラップ療法というのが流行っている。
傷口にサランラップを貼ることが湿潤療法になるというのだが、サランラップは元来台所用品であり、それを治療に使うのはどうか言われており、又、そのためのトラブルもよく耳にする。
最近、日本皮膚科学会誌
「不適切な湿潤療法による被害 いわゆる“ラップ療法”の功罪」
としてその具体例が報告され、創傷治癒センターホームページにもその内容が紹介されている。
著者の盛山先生の御意見「キズの治療法で最近話題のラップ療法について」
を引用させていただくと、

「食品を保存するためのラップを傷口に当て、傷を湿った環境に保つことによって、傷を早く治そうという治療法が最近広まってきています。
一昔前まで、“傷は乾かせ!”といわれていました。それは、乾かすことによって細菌の繁殖を防ぐことができるからです。しかし、細菌が繁殖しにくい利点と共に、水分を必要としている自分自身の細胞も増殖しにくいという欠点があります。線維芽細胞や表皮細胞といわれる自分自身の細胞が増殖しなくては、傷は治りません。
そこで、近年では、傷口は適度に湿らせた環境におくのが良いとされるようになりました。ラップ療法は、この理論に基づいた治療法です。自宅でも簡単にでき、しかもラップ自体の材料費が安いことから、特に床ずれの処置法として急速に広まってきています。
ラップ療法を行う際の注意点として、まず傷口をよく洗って菌を減らすということが重要になります。傷を湿らせた環境におくということは、傷が治りやすい環境であると共に、細菌も繁殖しやすい環境だからです。傷自体からでる水分が非常に多かったり、壊死組織といわれる死んでしまった組織が傷口にある場合などでは、ラップ療法は危険です。このような場合に、ラップで覆ってしまうと爆発的に細菌が繁殖してしまいます。また、糖尿病などで免疫力が落ちている人の傷にラップを貼ることは同様に危険です。爆発的に増えた細菌は、傷口から血液の中に入り込み敗血症性ショックと言われる状態をおこすことがあります。敗血症性ショックでは、細菌が全身を駆け回り、血圧が低下し、一歩間違うと死に至ります。
傷の状態をきちんと評価できない人が、簡単で安価だからといって、気軽にラップ療法を行うのには危険が伴います。このことを医療に携わる人も、逆に医療を受ける人も知っておいて頂きたいと思います。」
もっともなご意見であり、これからラップ療法を試されようと言う方は、充分注意された方がよさそうである。
by n_shioya | 2011-04-10 21:54 | キズのケア | Comments(4)
3Mの研究センター訪問
皆さん、3Mと言う会社はご存知ですか?
今、皆さんも愛用している筈の「ポストイット」のメーカーですよ。

3Mは医療分野でも、傷口をふさぐステリ・ストリップとか、被覆材のテガダーム、手術器機など幅広い分野で、我々も恩恵を受けているが、実はヘルスケア部門は全体の一割で、残りの九割は生活必需品で、例えば台所用品、パソコン、携帯、そして自動車の部品など、我々の生活に幅広く浸透していることを、今日初めて知った。

相模原の北里大学から北へ30分。横浜線の橋本駅から遠くないところに、3Mの研究センターがある。
今日はバイリンガルの美女、シャロンの案内で、其の中のカストマー・テクニカル・センターを見学した。
3Mの研究センター訪問_b0084241_21321595.jpg

3Mは元来は“糊屋”だと言う。
つまり接着剤と高分子膜の専門企業である。この二つのかかわる分野なら、どこでも3Mの出番のようだ。
その3M、100年の歴史と、現在の製品群、そして未来への展望を三時間に亘ってお聞きし、何か再生医療やアンチエイジングの分野で、この高い技術力を発揮してもらえないかと、横浜への帰路、保土ヶ谷バイパスの渋滞で足止めを食らいながら、考え続けていた。
by n_shioya | 2011-02-22 21:32 | キズのケア | Comments(4)
また、またモイストヒーリング
雀百までではないが、一度教職に会ったものには、教える楽しさは忘れられないものである。
また、またモイストヒーリング_b0084241_2230993.jpg

今日は久しぶりに、世田谷区の養護教員の方々にモイスト・ヒーリングのお話をさせていただき、上機嫌で帰宅したところである。
しかも居眠りしたり、私語したりの医学生と違い(失礼)、皆さん実に熱心で、質問も的を得ている。
また、またモイストヒーリング_b0084241_2231870.jpg

むしろこちらの方が、旧態然たる一方通行のレクチャーで、あの、サンデル教授の白熱教室とはほど遠いのが、申し訳なく感ずるほどだった。

これからは努めて白熱した議論が巻き起こる講義に改めていきたい。
だが、それにはよほどこちらも工夫しなければならない。
なるべく卑近な例を取り上げ、受講者自身の経験に訴え、こちらが答えを押し付けるのではなく、生徒自らが問題を意識し、その回答を探る。
だが、これは言うはやさしいが、教える側の並々ならぬ器量が問われる。

ま、初心に帰って頑張りましょう!
by n_shioya | 2011-02-17 22:31 | キズのケア | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム