ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
スカンディア・プレート
スカンディア・プレート_b0084241_21244282.jpg

今日も昼はzoom会議。夜はスカンディアで大桟橋カレーとスカンディア・プレートをシェア。明日からノーマリゼーションを図ります。
# by n_shioya | 2020-05-31 21:25 | コーヒーブレーク | Comments(0)
2020年をどう生きるか?
2020年をどう生きるか?_b0084241_22025408.jpg
ズーム会議にもだいぶ慣れてきた。今日は「2020年をどう生きるか?自粛期間をどう過ごすか?アンチエイジング勉強会」ホストは塩谷塾第3期生の菊池多佳子さん。皆さんには次の課題について話し合って頂いた。」①夢は何か?②今心配なことは?③自分らしく生きるためには?ホストが上手に意見を引き出してくださり、大変身のある会議だった。結論は、チャレンジこそアンチエイジング!だった。
# by n_shioya | 2020-05-30 22:03 | コーヒーブレーク | Comments(0)
二人暮らし
二人暮らし_b0084241_21575791.jpeg
ステイホームで意識改革を迫られて、ライフスタイルにも影響が出ているが、家族生活にもストレスが溜まる反面、家族の絆が強まったという声も聞く。我々もそれなりに「二人暮らし」を楽しんでいる。考えてみると、来る日も来る日も24時間一緒にいるということは結婚以来初めてである。我々は結婚してすぐ長男が生まれ、その後男、女、女、男と計5人の子宝に恵まれ、その後も孫たちとの関わりに忙しく、二人だけの生活を楽しむことが少なかったのに改めて気付かされた。もちろん大家族は楽しい。僕にとっては家族が全てとはいつも言う通り。でも米寿ともなると、「二人暮らし」も悪くないというのも実感である。
# by n_shioya | 2020-05-29 21:58 | コーヒーブレーク | Comments(0)
顔の文化史
顔の文化史_b0084241_21242717.jpeg
マスク着用が義務ずけられてわかったのは、マスクで口元が隠されると意外に誰かわかりにくくなるということだ。そして改めた気付かされるのは、顔認識で眉の重要性である。そして眉にはいろいろな形がるのと、動きが激しく、目自体よりも表情に寄与することである。村澤博人さんの「顔の文化史」によると、我が国では化粧の始まりが「眉」であったことが、古事記、日本書紀そして万葉集などの記載で明らかになったという。そして平成、令和の今、アートメークによって眉毛のお化粧が人気を呼んでいる。実は僕のクリニックにアートメークの専門家がおられるので、僕も試してみようと数ヶ月前にデザインをしてもらった。皆さんの評判も悪いくないので、本番の刺青をお願いしてアップする予定でしたので、コロナ騒ぎが治り次第実行致します。
# by n_shioya | 2020-05-27 21:25 | アンチエイジング | Comments(0)
谷川俊太郎の世界を描く
谷川俊太郎の世界を描く_b0084241_20560875.jpg
外出解禁になって嬉しいニュース!「谷川俊太郎の世界を描く」展がギャラリーゴトーで6月8日から開催されます。https://gallery-goto.com/news/20200218/実は「絵の内と外」出版記念会がコロナ騒ぎでキャンセルされ、がっかりしてたところです。是非皆さんご覧ください。
# by n_shioya | 2020-05-26 20:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ガーリック・ジョー
ガーリック・ジョー_b0084241_23075636.jpg
僕が名誉院長を務めるクリニックがオンライン診療となり、毎週続けていたビタミンCの点滴が受けられなくなった。その代わりにというわけではないが、今日はガーリック・ジョーでたっぷり免疫力アップ。幸か不幸か、外出禁止令なので、ニンニク臭を気にすることはありませんね。
# by n_shioya | 2020-05-23 23:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ウーマンウォッチング(the naked woman
ウーマンウォッチング(the naked woman_b0084241_20412679.jpg
デズモンド・モリスはイギリスの生物学者である。人間観察の「裸の猿」で衝撃的なデビューを果たし、生物学者の目で人間を観察し、さまざまな「ウォッチング」の著書を発表してきた。この「ウーマンウォッチング(the naked woman)」では、女性の体を頭の天辺から足の爪先まで、またその隅々を稀代の観察眼で舐め回している。 羨ましい限りである。彼の結論は“あらゆる女性は美しい肉体を持っている”である。塩谷塾としてはこれからの課題の一つにしたい。
# by n_shioya | 2020-05-21 20:42 | 美について | Comments(0)
ロイヤル・パラソル
ロイヤル・パラソル_b0084241_20513000.jpg
久しぶりに本場のカレーを味わいました。葉山のロイヤル・パラソルです。働いているのはカシミール出身のインド人たち。チキンカレーとラムカレー。ナンとインドのライス?全てご満足!今度はタンドリチキンを試します。
# by n_shioya | 2020-05-20 20:51 | 食生活 | Comments(0)
1日ステイホーム
1日ステイホーム_b0084241_23231507.jpg
今日は1日ステイホーム。午後はズームセミナー。夕方、ちょっとだけ近くのバラ園の周りを散策。そろそろおやすみの時間です。
# by n_shioya | 2020-05-17 23:23 | コーヒーブレーク | Comments(0)
眉毛と口元の組み合わせが顔の印象を作っている
眉毛と口元の組み合わせが顔の印象を作っている_b0084241_22461525.jpeg
このところほとんど皆んながマスクとして、異様な事態である。困るのは意外に誰だか目だけでても解り難いことだ。ということは口元が個人識別に重要だということになるが、口元だけ見ても、井上ひさしみたいに特徴的なければ誰かわからないだろう。ということは目と口の組み合わせが個人識別には必至ということになる。だが目といってもその中に眉毛が含まれ、実際の印象は眉毛が作る部分が大きいことに気がついた。つまり眉毛と口元の組み合わせが顔の印象を作っているのではと今考えている。
# by n_shioya | 2020-05-14 22:47 | 美について | Comments(0)
年年歳歳花相似たり
年年歳歳花相似たり_b0084241_20181471.jpg
「年年歳歳花相似たり」今、僕の散歩道のバラ園が満開です。コロナ対策で中には入れませんが、周りからでも十分楽しめます。これでも小学生の頃は園芸に凝ってました。我が家の庭は日当たり風通しが悪く花作りには最悪の条件。しかも赤土。ただバラだけは赤土に馴染んだようです。真紅のノクターン、戦後の象徴の黄色のピース、冬至来日したワグナー歌手のヘレン・トラウベルの名を借りたこれも赤だったかな。その他、チューリップ、ダリア等苦労しながら育てたのも懐かしい思い出です。
# by n_shioya | 2020-05-11 20:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
岡本行夫
岡本行夫_b0084241_21541652.jpg
岡本行夫が亡くなった。コロナである。彼のテレビでのコメントは現実に即し、わかりやすかった。また、先見の明もある。今騒がれている「100歳寿命の時代」を先取りして、「新現役ネットワーク」を立ち上げ僕もお手伝いをさせていただいた。ご冥福をお祈りします。
# by n_shioya | 2020-05-08 21:54 | アンチエイジング | Comments(0)
スカルプターのための美術解剖学2
スカルプターのための美術解剖学2_b0084241_21304606.jpg
今年の課題は「五感を研ぎ澄ます」と「感情と表情の相関」であることは繰り返し述べたとおり。そして今、「表情」に取り付いている。この「スカルプターのための美術解剖学2」はとても役に立ちそうだ。表情筋は30ほどあるが、個別に動くのではなく、いろいろな組み合わせで表情を作る。この本では、まず基本的な組み合わせを整理し、アクションユニットと呼ぶ。さらにこのアクションユニットの組み合わせで表情が作られるという考えである。彫刻家のためと銘打っているが、医療、美容を含め表情に関わる全ての職種の方々にお勧めしたい。
# by n_shioya | 2020-05-07 21:31 | コーヒーブレーク | Comments(0)
バラ園の難
バラ園の難_b0084241_21273509.jpg

港の見える丘公園の「バラ園」のバラが咲き始めました。中には入れませんが、外からでも十分楽しめます。ちょっと覗いてみては・・・
# by n_shioya | 2020-05-06 21:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)
非常事態
非常事態_b0084241_23001204.jpg
「非常事態」が一ヶ月延長になった。予想はしてたし、その方が安全とは思うが陰鬱である。これも全て安倍政権の責任と断定したい。短絡的と言われようと
# by n_shioya | 2020-05-05 23:01 | コーヒーブレーク | Comments(0)
Da Kenzo
Da Kenzo_b0084241_21481734.jpg
馬車道に素敵なイタリアンがオープンしてます。「Da Kenzo」十分なすぺーすで3密を避け、テラス席もあります。食材はすべて新鮮、無農薬。コクのある料理の数々です。この困難な時期に敢然と営業を続ける心意気に拍手を贈りたい。
# by n_shioya | 2020-05-03 21:48 | 食生活 | Comments(0)
葉山の海辺
葉山の海辺_b0084241_21561528.jpg
この狂気の時代に正気を保つために必要なのは「友人と海」というわけで、今日は葉山の海辺へ。車で往復して、降りずに帰ってきたので、ビールスは持ち込みませんでしたので、ご安心ください。友人とはオンラインで密接に繋がってます。
# by n_shioya | 2020-05-02 21:57 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ニンニク
ニンニク_b0084241_21505786.jpg
ニンニクは免疫能をアップする。という訳で、今日のランチはGarlic-Joで。パスタ、ピザ、カレー全てニンニクたっぷり。幸い今は他に人を気にせず、ニンニク臭プンプン。これでコロナウイルスは撃退。
# by n_shioya | 2020-04-30 21:51 | 食生活 | Comments(0)
バラ園の難
バラ園の難_b0084241_23404563.jpg
散歩道のバラ園も今日から閉鎖されました。コロナの影響です。先日のテレビ報道を思い出しました。栃木?のバラ園で、バラの蕾が全部刈り取られたと言うのです。人の密集を防ぐために。なんと言う野蛮なことでしょう。入場規制をすれば済むことではないでしょうか。悲しくなりました。
# by n_shioya | 2020-04-29 23:44 | コーヒーブレーク | Comments(0)
たゆたえども沈まず
たゆたえども沈まず_b0084241_21313951.jpg
今日は1日原田マハ漬けになってました。「たゆたえども沈まず」に今度はゴッホの話です。はじめに原田マハを知ったのは、2年ほど前「リーチ先生」を読んだのが始まり。以来、「楽園のカンバス」、「暗幕のゲルニカ」など読み耽った。いつも感服するのはその該博な知識とミステリー仕立ての筋書きである。
# by n_shioya | 2020-04-28 21:32 | コーヒーブレーク | Comments(0)
絵の内と外〜谷川俊太郎の世界を描く
絵の内と外〜谷川俊太郎の世界を描く_b0084241_21261522.jpg
「ギャラリー後藤」の後藤真理子さんから、本が送られてきた。「絵の内と外〜谷川俊太郎の世界を描く」素敵なご本です。これまでも後藤さんは谷川俊太郎さんとコラボで、谷川さんの詩に合わせて画廊の作家さんたちが描いた作品の展示会を開いてこられました。その集大成として本にまとめられ今月末に発売されました。本当は出版記念の集まりが予定されていましたが、コロナ騒ぎでキャンセルになったのは本当に残念です。御本は書店でも発売になってますので、皆さんも是非!
# by n_shioya | 2020-04-27 21:26 | 美について | Comments(0)
人との絆
人との絆_b0084241_21532941.jpg
コロナビールスに全てが破壊されていく。医療崩壊そして経済崩壊。その中で僕を支えてくれるのは「人との絆」である。配偶者、家族は勿論、親しい友達との。絆のありがたさを今ほど実感したことはない。中でもオンラインが唯一のコミューニケーション ツールとなった今、8年間続けてきたアンチエイジング塩谷塾の塾生とその仲間たちとのネットでの交流である。塩谷塾は「美しく歳を重ねる」をテーマに、本音で話し合いを続けてきた。それが今、このストレスに対する自分なりの対処法を互いにシェアし、また、アロマとかカラーセラピーとかストレッチとか特技をお持ちの方はそのノウハウを伝授してくださる。そしてお互いの共感はさらに深まっていく。この支え合いの世界は頼もしい。でもぼくは所詮アナログ人間。やはりデジタルなオンラインの絆はもどかしい。1日も早く一緒に集まって、この困難な時期を「密接な距離」で皆で振り返ることができるようにと願っている。
# by n_shioya | 2020-04-26 21:54 | アンチエイジング | Comments(0)
セックスについて
セックスについて_b0084241_18084523.jpg
小人閑居するとあらぬことを考えてしまう。今日はセックスについて思い巡らしている。人間を含めて、動物の存在理由は「種族保存」にあるという。さればセックスはそのためには必須の行為である。だが、「個体維持」に必須の「食欲」は何もやましいことがないのに、なぜ「性欲」にはいかがわしさがつきまとうのだろう。そして性行為は何か恥ずべきもの、滑稽なものとして扱われる。かつては人類はセックスに関しておおらかだったという。ギリシャの競技は素っ裸で行われたようだ。また、ある民族ではヴァギナには魔物を撃退する力があると信じられて、外敵に対して女どもがスカートを捲って、ヴァギナをモロ出しにして追い払ったとも言われている。日本でも神社の鳥居はヴァギナであり、神木はペニスとされている。それがキリスト教の教えのせいでややこしくなったようだ。人類は原罪を負って生きている。その最も大きな罪は性欲にあるとされ、汚らわしいと貶められた。パウロはできれば結婚をするなとまで言っている。子供を作るためにやむを得ないが、それを楽しむことはまかりならぬという倒錯した価値観である。だが宗教と関係なく、セックスや結婚に関しては我々は自らで縛りを課している。貞節とか、愛情とか結婚についての道徳的な観念である。これが「社会規範」を作り出す。こんなことをグダグダいうのも米寿に免じてお許しいただきたい。もう老い先僅か、「人畜無害」の境地のはず?と思って。でも米寿まで待たずとも、どなたもこの辺でセックスについては臭いものに蓋ではなく、また好奇の的でもなく、素直に人間の営みとして真正面から向き合って楽しんだら如何でしょう。
# by n_shioya | 2020-04-25 18:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ようやくPCR検査拡大へ、すべてに対策が遅い……88歳の医師は思う
ようやくPCR検査拡大へ、すべてに対策が遅い……88歳の医師は思う_b0084241_19523661.jpg
「ようやくPCR検査拡大へ、すべてに対策が遅い……88歳の医師は思う」今日、ヨミドクター とヤフーにコロナの蔓延についての僕自身の対策と現状の分析をアップしましたので、ぜひ覗いてください‼️https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200423-OYTET50010/?catname=column_shioya-nobuyuki
# by n_shioya | 2020-04-24 19:54 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ためしてガッテン
ためしてガッテン_b0084241_21361295.jpeg
家にこもっているとテレビを観る時間が増える。普段見たこともない番組ともお近づきになった。でもくだらん番組が多いですな。それにしても医療番組とそれ以上に食べ物の番組が多い。この二つで番組の半分以上になるのでは。先ほどまで「ためしてガッテン」をやっていたが、今日のテーマはオキシトシン、愛情ホルモンだった。実験では、ハグでオキシトシンが急上昇するという。その点僕なら心配ないと自負している。ただ実験では5分間ハグをさせている。なるほど。
# by n_shioya | 2020-04-22 21:36 | コーヒーブレーク | Comments(0)
Social distance
Social distance_b0084241_21565270.png
A chart depicting Edward T. Hall's interpersonal distances of man, showing radius in feet and meters•Intimate distance for embracing, touching or whispering◦Close phase – less than one inch (one to two cm)◦Far phase – 6 to 18 inches (15 to 46 cm)•Personal distance for interactions among good friends or family◦Close phase – 1.5 to 2.5 feet (46 to 76 cm)◦Far phase – 2.5 to 4 feet (76 to 122 cm)•Social distance for interactions among acquaintances◦Close phase – 4 to 7 feet (1.2 to 2.1 m)◦Far phase – 7 to 12 feet (2.1 to 3.7 m)•Public distance used for public speaking◦Close phase – 12 to 25 feet (3.7 to 7.6 m)A chart depicting Edward T. Hall's interpersonal distances of man, showing radius in feet and meters•Intimate distance for embracing, touching or whispering◦Close phase – less than one inch (one to two cm)◦Far phase – 6 to 18 inches (15 to 46 cm)•Personal distance for interactions among good friends or family◦Close phase – 1.5 to 2.5 feet (46 to 76 cm)◦Far phase – 2.5 to 4 feet (76 to 122 cm)•Social distance for interactions among acquaintances◦Close phase – 4 to 7 feet (1.2 to 2.1 m)◦Far phase – 7 to 12 feet (2.1 to 3.7 m)•Public distance used for public speaking◦Close phase – 12 to 25 feet (3.7 to 7.6 m)

これも伊藤裕慶応大学教授の受け売りだが、「ソシアルディスタンス」という言葉は1960年代に文化人類学者が唱えた「人との距離感」の分類に含まれる言葉だそうだ。

今は感染対策として、人との距離を置くべきという意味で使われているが。

その人類学者はエドワード・T・ホールというシカゴの大学の教授だった。

彼は人がお互いに感じる距離感を研究対象とし、prexomicsと名付けた。

その距離感を密着から疎遠まで5段階に分け、同心円で表した。

その同心円と5段階の距離感をご紹介します。

そしてこの距離感の一つとして「ソシアルディスタンス」が含まれています。

「感染予防」といった使い方より、「人間関係」に関わるはるかに深い意味を持ってるので、今一生懸命消化中です。

ことにアンチエイジングネットワークのモットーである「幾つになっても男と女」つまり成人男女の関わりについてどのような意味を持つか、面白い課題だと思います。

# by n_shioya | 2020-04-21 21:58 | コーヒーブレーク | Comments(0)
幸福寿命
幸福寿命_b0084241_21354550.jpg
以前ご紹介したことのある伊藤裕慶応教授の「幸福寿命」を読み返している。その時も書いたことだが、素晴らしい本である。ご専門は内分泌だが、医学の全分野だけでなく、哲学、美術、宗教そして子どもの本などご興味の対象は幅が広く、お話しは「遊び」が多く何度読んでも楽しい。教授のお考えでは、“人は誰もが幸せを希求している”という。だが、「幸福の条件」を積み重ねるボトムアップは間違いで、“まず幸せになること”から始める、つまりトップダウンでなければとおっしゃる。幸せはあなたの側(そば)にある。それに気づいて「まず幸せになる」ことを強調される。“人間は幸せに生きるようにプログラムされている”と言われる。そのスイッチをオンにすれば良いようだ。僕は食いしん坊なので、話を食事に持ってくと納得しやすい。僕はグルメではない。何を食べても美味しいからである。そしてそれを素直に口にする。食事中は「美味しい」を連発する。すると益々美味しくなってくる。ごく稀によくこれほど不味く作れるな、と感心することもあるが、その時も不味いとは言わない。ただ黙っているだけだ。
# by n_shioya | 2020-04-20 21:36 | コーヒーブレーク | Comments(0)
安倍首相が首相であることが国難
安倍首相が首相であることが国難_b0084241_22475716.jpg
今日本中が重苦しい空気に包まれている。一つには先行きが見えないことである。そして現状が誰にもわからないからである。一番の原因は安部首相のリーダーシップの欠如にある。それどころが、問題発生いらい、我が国での現状把握にブレーキをかけてきた張本人である。何を考えているかわからんという人も多かった。何も考えていないというのが真実かもしれない。それが今国難を叫んでいる。安倍首相が首相であることが国難だということがわからないのだろうか??
# by n_shioya | 2020-04-19 22:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
僕の散歩コース
僕の散歩コース_b0084241_21163674.jpg
家から歩いて2〜3分のところに「日本近代文学館」があるのはありがたい、今は閉まっているが。その先に続く「霧笛橋」を渡れば「港の見える丘公園」である。眺めもいいが、バラ園も人気がある。まだバラには早いが、チューリップが満開だ。その先のフランス山を下ると山下公園。ニューグランドのカフェで、コーヒーで喉を潤して自宅へ戻るのが僕の散歩コースである。
# by n_shioya | 2020-04-18 21:17 | コーヒーブレーク | Comments(0)
有隣堂よ、ありがとう!
有隣堂よ、ありがとう!_b0084241_19314566.jpg
コロナ蔓延のおかげで、日常生活の8割がカットされてしまった。残されたのは食料と食事だけである。「心の糧」も全て奪われてしまった。音楽会も、美術館も皆閉鎖。書店も当然と諦めていたが調べてみると、有隣堂の伊勢佐木本店だけは空いているという。早速今日の午後は日頃読みたかった本をたっぷりと仕入れてきた。有隣堂よ、ありがとう!
# by n_shioya | 2020-04-17 19:32 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム