ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2020年 08月 14日 ( 1 )
先生は見合い結婚ですか?恋愛結婚ですか?
先生は見合い結婚ですか?恋愛結婚ですか?_b0084241_23183914.jpg
最近の学生は遠慮がない。去年だったか、形成外科の講義を終えて、“おい、なんか聞きたいことはないか、なんでもいいぞ。”というと“先生は見合い結婚ですか?恋愛結婚ですか?”と聞かれ、一瞬たじろいたことがる。別にプライバシーに踏み込まれたからというわけではなく、我々の場合はどちらとも言い難かったからである。親同士が親しく、我々も子供の頃からの遊び仲間で、その延長線上で一緒に暮らすようになっただけだからだ。親の意思でもなく、熱烈な恋愛というわけでもなかった。だから結婚したいと親たちに告げた時、猛反対をされたのは意外だった。反対の理由は?同い年だからだという。今の若い人には信じられないでしょう。すでに学生結婚をしていた親しい友人に相談すると。“お前、なぁ。親は自分たちが決めたことじゃないと反対するもんだよ。気にすんな”結局のところ、世間体もあるから、日本では一緒にならんでくれ。という親の切なる願いを尊重した、アメリカで留学中に結婚した。外つ国での新婚生活、しかも研修医の安月給というのは楽ではなかったが、結果、よかったと思う。アメリカ人は困っているものを決して見捨てない(このアメリカをトランプは破壊したが)ので、陰に陽にお助けをいただいた。反対に親族が(inlowというが)周りで雑音を立てようがなかったのもありがたかった。ところで最近は結婚の形態も多様化して、昭和一桁はついていけなくなった。結婚という手続きは避けて、昔は「同棲」といった状態で満足なペア。披露宴は華やかにしても、実は籍は入れてない夫婦。そのほか形態は多岐にわたるややこしい。
by n_shioya | 2020-08-14 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム