ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2018年 10月 14日 ( 1 )
親不孝者
b0084241_19474395.png
“孝行をしたい時には親は無し”というが、それだけに犯した親不孝は年を経るごとに悔いが深まる。傘寿を迎えた親父が“ちょっと聴いてくれ”ラジカセのスィッチを入れた。懐メロも懐メロ、明治の小学唱歌だった。親父は懐かしそうにじっと聴いている。曲の合間に親父は何か話したそうにした。が、僕は無視したに違いない。“そうか”と悲しそうに言って親父はスィッチを切り、2度と僕の前で聴くことはなかった。親父は昔の楽しい思い出を息子に聞かせたかったに違いない僕と親父は別に仲違いしていたわけではない。ただ僕は親父と距離は置いてきた。息子から見た親父は「信念の人」で、あまりにも意志の力が強く、息苦しく感じられたからである。でも今にして思う。加齢とともに海馬の記憶は薄れるが、都合よく楽しい思い出でだけがフィルターされて残り、また、前頭葉の老化とともに意志の箍(たが)も緩んでいくことを。なぜあの時、親父の気持ちに応えて話を聞いてやれなかったのか、弱い親父を見たくなかったのか、いずれにせよ今だに悔やまれる。
by n_shioya | 2018-10-14 19:49 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム