ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2017年 06月 30日 ( 1 )
臨床宗教師
b0084241_2147187.png

先日、パシフィコで開催された緩和医療学会に顔を出し、いろいろなことを考えさせられた。
そもそも緩和医療の前提には「癌の告知」がある。
50年前、米国留学から帰国して間もなく、朝日新聞の論壇に「癌の告知」を提言して、コテンパンに叩かれたことを思いだす。
それほど当時は癌の告知はタブーであった。
アメリカでは入院時の書面に、宗教を記すようになっている。カトリックか、プロテスタントかユダヤ教か?
それぞれの宗派の病院付きチャプレンが夜回ってきて、患者を慰めてくれる。
つまり、癌の告知をした後のファローは、専門家が対処してくれるというわけ。
そしてわが国でも、「臨床宗教師」が生まれ、宗派にかかわらず話し相手になってくれるようになったそうだ。
癌患者にとって一番恐れるのは、痛みでも、癌そのものでもなく、医師から見放されるということだとも教えられた。

『今日のはじめて』
として、毎日、何かちょっとでもニューを試みるようにしているが、これが以外と難しい。
そして今日のニューは「自由が丘」の制覇。
なに、大したことではありません。今までは自由が丘の駅ロータリーのあたりは車で入るのを敬遠していた、お分かりでしょう。でも今日は自由が丘クリニックの診療時間までに時間があったので、駅前を車で経巡って「自由が丘駅前」も怖くなくなりました。
by n_shioya | 2017-06-30 21:47 | 医療全般 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム