ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2012年 06月 25日 ( 1 )
岡本行夫氏とランチ
久しぶりに岡本行夫氏とランチをともにした。いや、彼のおごりだった。
場所はアークヒルズの最上階のアークヒルズ・クラブ。
b0084241_22381899.jpg

会食の目的は彼の運営する「新現役ネットワーク」と僕が主催する「アンチエイジングネットワーク」とのコラボレーションである。
前者は定年退職後の男性の生き甲斐の創成が目標であり、後者は女性の若返りが軸になっている。
これは2極化したアンチエイジングの現状を如実に現していると言える。
「いくつになっても男と女」をスローガンとしている当ネットワークとしては、コラボすればアンチエイジング本来の目的にも適い、また2団体としても相乗効果が期待でくるのでは、というのが僕の思惑である。

この課題のこの先の展開はいずれご報告するとして、今日のいまひとつの話題は東日本大震災の復興であった。
3/11直後、直ちに行政と企業を動かし、被災地の救援に行動を起こした岡本氏である。具体的な行動を何もせずに来た僕は我ながら不甲斐なく感じ、これからでも何かできないか、と彼に相談した次第。

だがやはり話題は原発事故に行き着いてしまう。
原発事故が無ければ、復興はもっと早く進んでいたろうに。
そしてまだ、現場の漁業従事者は放射能の風評に苦しんでいる。
そして避難を余儀なくされた難民の悲惨な生活。
最優先すべきこの「被害者救済」をなおざりに、事故調査委員会の不都合な報告がでる前に強引に大飯原発の再稼働を決め、詐欺まがいの法律を通し、しかも増税を強行しようとする泥鰌首相。
この話題になると僕の怒りは沸騰し、岡本氏もいささか呆れられたかも知れない。

だが彼は冷静である。
“ブラジリアは当時わずか7億?で造れたんですよ。”と言う。つまり、政府が被災者のために、新たな都市を創成する事は予算的には可能なはず、と言う事である。
さすが、最先端の現場を突っ走ってきた男の言である。
僕は改めて彼に傾倒した。
by n_shioya | 2012-06-25 22:39 | 原発事故 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム