ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2012年 05月 06日 ( 1 )
アンチエイジングは妥当な名前か?
「アンチエイジング」が叫ばれ始めてからまだ10年余である。
初めは“アンチエイジング?それ何?”と行った世界であったが,今は何でもアンチエイジング。
アンチエイジング・クリーム、アンチエイジング・ダイエット、女性誌はアンチエイジング特集・・・
いったい何が本当のアンチエイジングと戸惑うほどだ。
学会も「抗加齢学会」を名乗る。

だが、「アンチエイジング」、「抗加齢」と言うことばが嫌い、というご仁も多い。
老化は自然現象、それに抗うのは如何?という立場である。
確かに当初から言葉の問題は我々も論じてはきた。
ならばと、サクセスフルエイジング,アクティヴエイジングなどいろいろ試されもし、今度の著書では僕はあえてスローエイジングということばを導入してみた。
だが、もうここまで定着したら「アンチエイジング」、「抗加齢」で行く以外にないというのが、学会関係者の考えでもある。

ただ、一つ指摘したいのは、日本語の場合、厳密には「加齢」と「老化」を区別する必要が在ることだ。
狭い意味では「加齢」は暦の年齢を重ねることで、「体の老化」そのものではない。
だが、英語では其の両方を意味する、厳密には加齢はageであり、「老化」はsenescence と使い分けるべきかも知れないが。

だが、名は体を表すべきという考えももっともである。
形成外科は未だに整形外科と混同され、お互いに迷惑している。
整形外科はこつ、関節の外科で、皮膚移植などで醜形を整える形成外科とは全く無関係で、まして美容外科とは無縁である。
が、未だに整形と言えば美容外科と一般にはとられがちだ。

其の問題はともかく、アンチエイジングに戻って、何かいいことばはないものですかね?出来ればアンチという否定的な言葉でなく、肯定的で馴染みやすいいい言葉が。
by n_shioya | 2012-05-06 22:07 | アンチエイジング | Comments(5)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム