ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2010年 12月 14日 ( 1 )
昔の仲間
今日夕方、相模原の北里大学医学部教授会の忘年会に出席する為に、東名高速を走っていて、うっかり「横浜・町田」の出口を過ぎて厚木まで来てしまった。

退官後14年ほど経つが、北里の23年間は今思い出しても懐かしい。
新設医学部で教授陣も皆若く、自由闊達の空気が漲っていた。
その仲間にまた会えるのだと、昔の思い出にふけっていて、出口を見過ごしたらしい。

こりゃ、いよいよ認知症の始まりかと思ったが、先日見たテレビの医学番組を思い起こした。
認知症の予防には、昔を懐かしむのが最もよいということだった。例えば同窓会などはその効果抜群だそうだ。脳のどの部分かが活性化するという。
つまり認知症になったのではなくて、昔を懐かしむことで、認知症予防には役立ったが、その為高速を降りそこなったと考えればよさそうだ。
えらい持ってまわった言い方をしてしまったが、結論から言えば、厚木出口でUターンして、かろうじて相模大野の小田急センチュリーでの忘年会には間に合った。

僕が大学を去ってからの14年間に、医学部の教授会メンバーの新旧入れ替わりは更に進み、今夕の参加者の大半は僕にとっては新顔だった。
話を聞くと、我々の頃と違って、医療も冬の時代。医学部の運営もさらに厳しくなっている。
その中で、若いスタッフが懸命に日本の医療の未来の為に頑張っている様を垣間見ることが出来たのは頼もしかった。

懐かしく思う古巣があることは幸せである。
それがアンチエイジングに繋がるなら、なおのこと。
昔の仲間_b0084241_22414484.jpg

by n_shioya | 2010-12-14 22:42 | 医療全般 | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム