ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2010年 11月 17日 ( 1 )
「顔を読む」
女と男のだましあい」が終わって、今度は「顔を読む」ことにはまってている。
著者はゼブロウィッツと言う女性の心理学者である。
「顔を読む」_b0084241_222130100.jpg今僕が取り組んでいる“容貌のメッセージ性”そのものをテーマに取り上げた力作だ。
10年ほど前に原著を読んではいるが、その後翻訳されたのでまた読み返しているところだ。

著者の言わんとするところは
① 容貌は明らかに性格に関してある印象を人に与える、本人の意図に関わらず。
② だが、容貌が本当に本人の性格を表しているのか。
③ もしそうならば、その理由は?
④ そうでなければ、なぜそのような印象を与えるのか。
⑤ 容貌と性格との相関関係には、ポジティブ・フィードバックとネガティブフィートバックがあること。
⑥ 童顔について。
⑦ 顔の魅力について。
⑧ 容貌のネガティブな印象の是正法。
等々である。

僕がこの問題にこだわるのは、美容医療にかかわっていると常に浴びせかけられる、人は「形よりも心」だという建前論にうんざりさせられるからである。
そこで著者は面白い試みをしている。
「顔を読む」_b0084241_22221844.jpgこの絵を見せながら「この人、とても知的に見えるでしょう?」というと、アメリカでも韓国でも聴衆はくすくす笑ったという。これは誰にとっても彼が愚かに見えたということである。なぜ、そうなのだろう。これが著者がこの本で取り扱っている問題の一つだ。

勿論容貌はフィックスしたものでなく、表情と言う変化を伴うので、この二つを分離してとらえることの難しさはある。表情は当然ながら内面を映し出す、すなわち性格を反映するからだ。
そしてまた、著者のアプローチは心理学的なものであり、人相学はまた別の次元のものと考えるべきとしている。
by n_shioya | 2010-11-17 22:26 | 美について | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム