ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2010年 09月 05日 ( 1 )
「顔判断」??
相貌心理学」というのがあるのを知らなかった。
“性格は顔に直接表れている”という前提に基づいて、フランスのコルマン医師が1940年ごろに唱え始めたという。
容貌のメッセージ性の手がかりにと思って解説書を読んだが、いささかがっかりした。
須賀哲夫氏の「顔判断」という著書である。
b0084241_21353718.jpg

顔かたちを七つに分類し、それぞれの特徴的な性格を、著名人を例にして解説している。
表情や筋肉の動きはともかくとして、顔の土台である骨格が性格と連動しているという証拠は何もない。
相貌というものを、あくまで顔の輪郭プロフィールという形態的なものだけでとらえているのも問題である。

顔かたちの表出するものはあくまで印象であって、しばしばそれが本人の気持ちと乖離していることが、僕が“容貌とメッセージ性の乖離”として検討課題にしているからである。

容貌からその人の性格を他人が推定されること自体が本人のコンプレックスの助長にもつながるので、もし「相貌心理学」というのがこの著書の言う通りであるなら、その偏見は、よほどの確証がない限り、興味本位としかいえず、改めらるべきであろう。
本人の意に反するメッセージを容貌が発していることが、美容外科の必要性にも繋がるわけであり、そのギャップを助長するような考えは賛同できない。
by n_shioya | 2010-09-05 21:21 | 美について | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム