ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 11月 23日 ( 1 )
性同一障害
“一寸見て、彼女すごい美人でしょ。でももとは男だったのよ。”
週刊誌を見ていた配偶者が、タレントの写真を指さす。
なるほど美女である。
“それはきっと「性同一障害」ってやつで、「性転換」の手術を受けたのだろう。”
と答えて、僕自身の経験を話し始めた

アメリカ留学を終えて東大の形成外科に戻って間もなくの頃、女性の患者が二人、ペアで現れた。
聞くまでもなく二人はいわゆるレズビアンで、その男役?の方が手術で本当の男の体にしてほしいという。
当時はまだ違法だったし、女から男への転換は、その反対の場合よりもはるかに難しいことを説明した。
だが、どうしても手術を受けて、結婚したいという。
彼女らの言い分では、結婚は異性の間でなければいけないとは法律に定められてないそうだ。

所が相手方がトイレに立った時に、夫たるべき女性が急に泣き始めてしまった。
自分は本当は手術は嫌だが、断るとか彼女に殺されるかもしれないという。
トイレから戻り二人揃ったところで、ともかく今の日本では手術はしてあげられないから、とお断りし、言外にそのまま仲良く同棲を続けるようにとのメッセージを込めて、お引き取りいただいたものだったと。

そのころすでにアメリカでは「性転換手術」は合法化され、ジョンス・ホプキンス大学にはジェンダー・アイデンティティ・クリニックというのが設けられ、厳密なスクリーンの末、手術が行われていた。
そのころ言われ始めたのは、「性同一障害」というのはれっきとした病的状態で、いわゆる「ホモセクシャル」とは異なり、肉体と精神で「性」がくい違った状態で、手術以外に救いようのないという考えだった。

“じゃ、ホモとその障害とどう区別するの?”
僕はクリニックの友人に聞いた。
“それを見分けるのがジェンダー・アイデンティティ・クリニックに所属する、形成外科医、精神科医、産婦人科医そして泌尿器科医などの専門医のチームの仕事です。その線引きは決して容易でないこともあるし、「性同一障害」と診断されても、手術まで行くにはさらに選別がかかります。”
ということだった。
ただ、“「性同一障害」の場合、本人の苦しみは計り知れないものがあるので、周りの方々もよくご理解いただきたい”、とも付け加えられた。

それから半世紀。
誰それがカサブランカまで手術を受けに行っただの騒がれたこともあったが、やがてわが国でもその考えが徐々に認められて、大学で正式に専門委員会を立ち上げ、「性同一障害」を認知させ、倫理委員会の許可の下、「性転換手術」をスタートさせたのは、埼玉医大の原科教授である。

そして今では、手術後に戸籍も変更が許されで、更にはタレント活動まで可能になったのは、これまで「性同一障害」で苦しんでこられた方々には、喜ばしいことだと思う。
by n_shioya | 2009-11-23 19:12 | 医療全般 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム