ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 10月 04日 ( 1 )
「五輪の黒い霧」
東京は負けた。
リオ・デ・ジャネイロに決まった。
いいことだと思う。初めての南米の開催。オリンピックの精神にも合っていると思う。
東京はすでにやっているし、誘致したがっている首長が傲慢無礼な奴で、いい気味だと思うのは本筋を離れた、天の邪鬼の受け止め方であるとは承知している。

b0084241_11414327.jpgだがオリンピックが如何に創始者クーベルタンの精神から乖離してしまったか。
20年前、「The Lords of The Rings」を読んでから、オリンピックに対し、すっかり白けた気分になってしまった。
ま、そもそもスポーツに全く関心のない男の感慨ではあるが。
確か「五輪の黒い霧」と言うタイトルで翻訳も出たと思う。

五輪を牛耳る金の亡者たちによって、アマチュアスポーツの大会が、完全な集金マシーンに堕していく過程が、赤裸々に描かれている。
権力ドラッグ
選手たちはそれに操られている、哀れなパペットだという。

元来、プライベートな団体が、国家を巻き込んで、誘致合戦を仕掛け、私腹を肥やす構図になっているようだ。
しかも組織はプライベートなので、すべてはお手盛りで、監査されることはない。

そもそもサマランチファッシストで、政治家の道を歩んだが、失脚して五輪に目をつけたという。
サマランチの後は、彼のイエスマンが継いでいるようだ。

こう毒づくなら、今一度「五輪の黒い霧」を読み返し、その後の経緯を検証すべきだが、ブログである。うろ覚えの記憶と邪推はご勘弁いただきたい。
by n_shioya | 2009-10-04 22:13 | 医療全般 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム