ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 09月 20日 ( 1 )
敬老の日
敬老の日が来ると思いだす失敗談がある。

親父が亡くなる数年前だったろうか、親父がお世話になっている特養で敬老会があり、われわれも家族として出席した。
最長老の息子ということで、院長からお祝いの挨拶を頼まれた。
型どおりの祝辞を述べた後、ついいつもの癖で本音が出て「でもまあ、長寿もいいけど、人間80まで生きればもう充分じゃないですかね。」とやってしまった。
一瞬、座はシンとなり、院長は渋い顔をしている。
改めて見渡すと、ほとんどが80以上の顔をされている。
そのあとどう取り繕ったか覚えていないが、あとで配偶者からこっぴどく訓戒を受けたことは確かである。

何度か書いたように、僕は本音としてこの先特に長生きをしたいとは思わない。
この12月で78歳。もういつ逝っても悔いはない。
勿論健康長寿が保証されるなら、そしてコロリが可能なら、そしてまた、年金が今の三倍ほどもらえるなら、長生きも悪いくはないが、もう「地獄」は見たくない。
悪化する世界経済、核の脅威、中国の覇権主義。不安な材料が満ち溢れている。
戦争が人を野獣に変える経験はもう沢山である。
民主党さん、しっかりおねがしますよ。

ちなみにそれ以来、親父が逝ってしまうまで、特養の院長から二度と挨拶を頼まれることはなかった。
by n_shioya | 2009-09-20 23:48 | アンチエイジング | Comments(14)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム