ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 08月 13日 ( 1 )
このところ不気味な揺れが頻発する。
東海地震の前触れではないというが、だからといって安心できるわけではない。
それなら地震対策を、と思ってもおっくうでまだ何もしていない。

だが、地震で我が家が全壊しても、火災で全焼しても、これだけは取っておきたい宝物がある。
配偶者の手作りのバースディカードである。
1958年とあるから、僕の27歳の時のものだ。
結婚の翌年、アメリカでの生活を始めて間もなくのころである。
b0084241_117029.gif

b0084241_1112454.gif

小さな画用紙をさらに四つ折りにして、自筆の水彩でこまごまと書きこまれている。
だいぶ色あせてしまったが、よく見ると表には山小屋、中を開くと子供たちのまわりに、五線譜が舞い、よく見るとヨットや車も描かれている。そしてパレットまで。
それらは配偶者からの「我々の夢」のプレゼントだった。

月給200ドルの新婚生活。当時のアメリカでは300ドルが生活保護のレベルだった。
毎日がペニーを数える生活。パンも一日遅れのものを半値で買う。
とても出来あいのカードを買える家計ではなかったと思う。

それから50年
考えてみると、幸いに描かれたものはすべて与えられた。
子供が3人から5人に増えているのは予想外だったが。
ちなみにパレットは配偶者の“お絵描き”の夢で、これは陶器の絵付けとして実現し、彼女の作品が毎日の食卓を彩っている。

」はかなうものである。
これからも「」は持ち続けたい!
by n_shioya | 2009-08-13 22:44 | コーヒーブレーク | Comments(13)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム