ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 08月 07日 ( 1 )
アンチエイジング・ピロウ
b0084241_0271011.gifバランスのとれた食事と適度な運動に加え、アンチエイジングの三本柱の一つが快眠である。
これがなかなか難しい。食事や運動と違い、自分の意思でコンロトールが利かぬばかりか、意識しすぎるとかえって寝つきが悪くなる。
若い時はいつなんどきでも、横になればバタンキュウであったが、年のせいか最近は眠りが浅い。

なに、睡眠など4時間で十分と日野原大先生はおっしゃるが、側近の一人は“その代わり会議中はよくお眠りになってますよ”と言う。
やっぱり、と思ったら、
“でも、質問が来ると、パッと目を覚まし、的確な答えをされるのはさすがですな”と側近は慌てて付け加えた。

僕の場合は、寝つきは悪くないが、中途覚醒が悩みの種である。
必ずしも尿意の為ではないが、一旦目が覚めるとそのあとがよくない。グダグダと寝たような目が覚めているような、半覚せいといった状態が朝まで続き、そのあとの日中は半睡眠の状態になる。

そこでひと月ほど前から、パラマウント・ベッドの新しい「快眠マットレス」を試しているが、実に具合がいい。どういうわけかと言っては失礼だが中途覚醒も減り、覚醒してもまたぐっすりと寝てしまう。
以前紹介したように、コンピューターで寝像を解析し、その人に合わせて作られた、いわばオーダーメイドのマットレスである。

それと対になったもぜひお試しをということで、今日はまた京橋にあるパラマウントのショウルーム、「in time」 を訪れた。
首筋までかかる不思議な形の枕である。
なるほど気持ちがいい。なにかこう眠りに吸い込まれるような気分である。
家に持ち帰り、しばらく試させていただくことにした。
ショウルームの三人の美女の催眠効果ではないことを確認するためである。
b0084241_0274451.gif

ちなみにデスクの上のなにかが、一人の美女の顔を遮っているが、これは三美神の視線を受け手元が狂ったためで、また、撮り直しを口実に彼女らを訪れなければならぬ。
by n_shioya | 2009-08-07 22:55 | アンチエイジング | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム