ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 07月 04日 ( 1 )
昭和30年卒の戦友会
今日は医学部のクラス会が学士会館であった。
このところ同窓会やら、何やら仲間内の会が続いたが、同窓会は新旧の入れ替わりがあっても連綿と続くものだが、クラス会というものは年々メンバーは減少しても、絶対に増えることがないのは宿命と言える。
それでも107名の卒業生のクラスですでに40名以上が他界したなかでの、35名の出席は悪い方ではない。
だが、この一年で物故者が5名というのは過去最高で、やはり我々世代、いま一つの山場を迎えているのかもしれない。

それでも出席者のほとんどが名誉院長とか顧問とか、まだ何かしらの仕事を続けており、意気盛んである。
いつも言うことだが、昭和一桁は成長期に戦中戦後の食糧難を体験し、いわば粗製濫造な体なので、寿命が短いと思われていたが、こうしぶとく生き延びているのは、やはり結果的にはカロリー・リストリクション(CR)がプラスに働いたのだろうか。
CRとは、ある程度の飢餓状態が続くと、動物は長寿遺伝子のスウィッチがオンになり、寿命が延びるという最近はやりの学説である。

だが長寿になっても、ピンピンコロリならいいが、ダラリは困るというのが皆の本音である。
やはりダラリの最たる原因は「脳梗塞」と「認知症」のようだ。
クラスメート全員をアンチエイジング・ネットワークに巻き込んで、迫りくる少子高齢化社会に立ち向かわねば、と改めて感じた。
そして来年のクラス会の時には、メンバーに一人も欠員が生じないことを祈る。
昭和30年卒の戦友会_b0084241_10111865.jpg

by n_shioya | 2009-07-04 22:55 | コーヒーブレーク | Comments(6)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム