ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 06月 23日 ( 1 )
ひざの痛み
ひざの痛みがやっと取れてきた。
ひと月前、何もしないのに急に左ひざの内側が痛み始めたことは、このブログでご報告したとおり。

ちょうどその数日前に、知人から“ところで先生は膝は大丈夫ですか?”と聞かれ
“何でもありませんが、何故?”
“いや年をとるとまず膝に来るそうですから”
というやり取りがあったばかりだった。

確かに膝は一番運動と体重のストレスがかかるところで、加齢とともに関節面の軟骨が摩滅しやすい。
それが進行すると変形性関節炎となり、手術や再生医療の対象となる。

整形外科の同僚に診てもらったところ、膝に着く筋肉の軽い腱鞘炎のようなもので軟骨には異常は認められないということで一安心したが、その後回復ははかばかしくない。
しかも曲げ伸ばしするたびにコキン、コキンと音がして不安をかきたてる。
たかがと言ったら失礼だが、膝の故障でこれほど日常生活が不自由になるとは思わなかった。

街を歩いていても、今までは見過ごしていた車いすの方や、つえをついている方が多いのに改めて気がついた。
よく医者は死なない程度に病気や手術を経験すべきだというが、確かになってみないと病人の苦しみはわからない。

幸い今日あたりからやっといたみも取れはじめ、コキン、コキンという音も、あまり気にならなくなった。
アメリカ人の言い草だと“You will live(もうお前は死ぬことはない)”というわけである。
だが、考えてみると、ひざ関節もこれまでストレスを良く耐えてきたものだと感心する。関節の分泌する潤滑液で保護され、それでも摩耗する軟骨は気づかぬうちに修復してくれる。

先日、ヨットになぞらえて人体の逞しい復元力に思いを致したが、今日は改めてその修復能力に脱帽した。
まだまだ老いには負けませんぞ。
by n_shioya | 2009-06-23 22:53 | アンチエイジング | Comments(6)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム