ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2009年 06月 21日 ( 1 )
杜の都
この週末は“杜の都”仙台で過ごした。
配偶者の母方の親族は仙台の旧家で、一族から政治家、学者などを輩出している。
だが面識のない従兄弟同士もいるということで、従兄弟会という名目で皆が一堂に会した。

杜の都_b0084241_13281994.jpg昨日は菩提寺めぐり。そして夜は東洋館という料亭での懐石料理。
市内から広瀬川をへだてた丘陵地に建ち、街を一望のもとに見渡せる、素晴らしいロケーションで、もちろん料理も納得がいくものだった。
明治40年の創業で、土井晩翠が名付け親だという。
親父は土井晩翠に憧れて詩人を志したが、親の意向で医学の道を選ばされたと言っていた。

かの工学界の大御所、西沢先生もお住まいが近くで、よくおみえになるそうだ。
それだけでなく東北大学の教授会は、実質的にはここで行われているような女将の口調だった。

今日は朝から松島見物
あいにくの雨で遊覧船での島めぐりはあきらめたが、瑞巌寺円通院を見学した後、港の料亭で海の幸を存分に味わった。
杜の都_b0084241_13284056.jpg

杜の都_b0084241_1329547.jpg

去年亡くなった親父は、旧制二高時代ボート部で、松島湾で毎日練習に励んだと聞かされていた。
紺碧の湾に緑の宝石のようにちりばめられた島々の間を縫ってボートを走らせるのは、まことに気宇壮大なものがあったろう。
だが苦学生の親父が一度でも東洋館を訪れたことがあったろうか。

盛りだくさんの従兄弟会の行事で、仙台名物の牛タンを食べる暇はなかったが、材料を仕込んできたので明日にでも楽しむつもりである。
by n_shioya | 2009-06-21 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム