ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2008年 09月 22日 ( 1 )
家族とは
b0084241_1112110.jpg『「家族」という名の孤独』という本を買って読み始めた。
実はひょっとして我が家のことが書かれているのか、いささか気になったからである。
だが、内容はもっと深刻であった。

著者はアルコール依存、児童虐待、過食症、拒食症などに取り組み、これらの依存症に悩む人たちのための自助グループなどを援助してきた精神科医である。

最近頻発する親子の刃傷沙汰。登校拒否。子育てのできぬ母親。家庭を顧みない会社人間。
すべてが一見「健全な家庭」の裏側で進んでいる、恐るべき「家庭崩壊」の現れであるという。
そしてどうも著者の見るところは、現代の少なくも日本の社会で粛々と進んでいる、いわば自然現象のようである

現象面では同意はできても、精神分析の専門医でない僕には其の解釈は理解しにくいところもあるし、納得しかねる面もある。
しかもそれに対しての解決法には触れていない。
これは最後の章でも述べているように著者自身が、今現在、“自分探しの旅”の途上にあるからだろうか。

僕はやはり素朴なマザーテレサの言葉に耳を傾けたい。

「今日、世の中は混乱し、人びとはみな、ひどく苦しんでいます。それは家庭や家族生活に、が見失われているからだと思います。
親たちは子供たちと過ごす時間がなく、お互いのための時間もありません。まして楽しみをともにし、分かち合う暇などあろうはずがないという有様です。・・・

愛はまず家庭から始まるのです。愛は家庭に住まうものです。
今の世に不幸と苦しみがこれほど多い理由も、家庭の中の愛の欠如にあります。・・・

家庭を慈しみの場、限りなく許しあう場としなければなりません。
今日では、誰も彼も非常に多忙になっています。
より大きな発展、もっと豊かな富、もっと、もっと、と求めて。
子供たちは両親と過ごす時間がなく、両親はお互いのために割く時間もありません。
世界の平和の崩壊は、このようにして家庭の中から始まるのです。・・・」

今日はひたすらマザーテレサの言葉を想うことにする、分析は止めて。
それはただ、実現の困難さに対する言い訳に過ぎないから。
by n_shioya | 2008-09-22 22:49 | コーヒーブレーク | Comments(11)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム