ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2008年 09月 19日 ( 1 )
香水文化後進国日本
日本にはいまだ香水文化が存在しない!
この数週間でやっと分かった。

b0084241_1048270.jpgことの起こりはこうである。
ニューヨークの僕の長男が、新たに三つの香水を開発し、あまたある世界の香水の中で、其の二つが香水ミシュラン五つ星を獲得した。
残りの一つも三つ星である。

彼はそもそもは芸大卒の彫刻家である。ニューヨークで数々の作品を発表し、其のうちの一つはウェストサイドの公園を飾っている。
やがて匂いの出る彫刻を手がけ、以前日本でも作品展を2度ほど開催したが、其のうちに香水そのものに凝ってしまったようである。

僕も日本男子として香水には縁がないが、まあ、息子の自信作と言うこともあり、知り合いのだれかれに勧めたり、日本での販売の可能性を探ってきた。
そしてまずぶち当たった壁が例の行政のしちめんどくさい制約である。
事務所をおき、輸入販売の許可を取らねばならぬ。

もっと問題なのは、日本は女性でもあまり香水をつける習慣がないということだ。
むしろ反対に、化粧品でも無臭が好まれる、つまり匂いを身に纏う習慣が、日本にはないということのようだ、一部のソフィスティケートされた美女を除いては。

そういわれれば、欧米などのパーティで、女性はご本尊よりまず香水が匂ってくる。そばで話しているだけでこちらの衣装にも移ってくるし、ハグでもしようものなら体中が香水に包まれ、家に帰ると鼻敏い配偶者から、なによ其の匂い?、また、誰かに抱きついていたのね、とたしなめられることしばしばである。

これではいかん。
親ばかになって、伝道師として日本に「香水文化」を広めてやらねば。
そのためには僕も自分に振りまく必要がある。
今後もし僕が異臭を放ったら、それは“加齢臭”ではなく、流行の先端を行く“男の匂い”だと思って欲しい。
b0084241_10493540.jpg

ちなみに彼のブランドのS-perfumeには、女性用、ユニセックス、男性用と三種類ある。
ユニセックスの作品は「S-ex」という。ハイフォンをぬかして読めば・・・。お分かりでしょう。
効果満点ですぞ!男女共に。
by n_shioya | 2008-09-19 22:42 | スキンケア | Comments(10)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム