ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2008年 01月 31日 ( 1 )
“美人”とは何か
美人を正面切って論ずることには、こだわりというか、気恥ずかしさというか、何となくやましい感じがつきまとう。これは“面食い”という言葉の持つ、いささか侮蔑的のニュアンスでもうかがうことができる。。
また、美人、不美人を、実像で示そうとすると、差し障りを生ずる事もある。
しかしここでは勇を鼓して、まともに美人にフォーカスを当ててみよう。

赤ん坊を使った面白い実験がある。
アメリカの心理学者ラングロアは、まず色々な人種、性別、年齢の数百枚の顔写真を集め、魅力的な顔そうでないものに区分けした。次にそれを、三カ月と六カ月の何人かの赤ん坊に見せたところ、赤ん坊たちは、魅力的な顔のほうを見つめる時間が長かったという。
顔の美醜の判断基準は、育つ過程で植え付けられるものではなく、生まれ付いたときから備わっている、生来的、つまり、遺伝子に組み込まれいるものだという主張に、しばしば使われる有名な実験である。
ただしこの実験でいう「魅力的な顔」とは誰が何を魅力的と判断するかも問題である。
これについては次のような調査が基礎になっている。
この数百枚の顔写真を、あらかじめ様々な階層の読者に見せて、魅力的なものを選んでもらった。その結果は意外にばらつきが少なかったという。勿論このような実験は限界がある。たとえば実物を見るのと違い、平面の顔写真であり、表情を含めた立体的なものではない。

それではどんな顔が魅力的とされたか。
まず対称性、バランス、といったことが大切だろう。
沢山の顔写真を重ね合わせ、コンピューターでその平均値の顔を描かせる。これが意外と、整った顔にになるという。しかも、インプットする顔写真が増えるほど、美人に近づくという。
つまり、平均値に近いほど美人であり、平均値を外れたものが不美人を言う結果になっている。
平均的な顔というのは、遺伝的な突然変異が少ないことを意味しているから、これを魅力的だと思うように進化したと説明されている。
しかし現実には、それだけではすまないで、一寸平均値を外したり、バランスを崩したり、叉、ある部分を逆に強調したりすると、魅力が出ることもあるので、顔の美醜一筋縄では行かないものがある。
by n_shioya | 2008-01-31 12:30 | コーヒーブレーク | Comments(6)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム