ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2007年 11月 17日 ( 1 )
ベッド革命
“このベッドが日本の医療を変えて行きます。”
ドイツのフェルカー社最新医療用ベッドを操作しながら、インターオーシャンCEOの北村社長は自信たっぷりに説明される。
ベッド革命_b0084241_19205480.jpg

たかがベッド一つで?と疑問視される方は既に日本の劣悪な医療環境に飼いならされている不幸な方である。
入院はともかく、クリニックにかかったことのない方はいないでしょう。
どうです、そのときの感じは?
刑務所とは言わないまでも、待合の椅子にしてもなんか無機的な、そっけない感じで、最近はやりの、“何々様”という声がけさえ空々しくひびく。
そもそも病気になったこと事態が惨めなのに、その雰囲気で患者をさらに惨めにしてくれる日本の病院

フェルカーのベッドは、まずスプリングに工夫があり、患者が体位を変えることで全体に圧が分散し、分圧マットレスの役目にもなるという。
また、元来が家具メーカーなので、“デザイン性”にも優れている。
そしてモーターとか足回りは、かの“ポルシェ”との共同開発だという。車好きはしびれますね。

つまりベッドの普及もさることながら、それを契機に病室の内装まですべてパッケージで提供すれば、より快適な入院患者の生活空間が構築できるという、大げさに言えばここで医療環境に対する発想の転換を図りたいというのが、インターオーシャングループの夢だそうだ。

水、木、金とお台場のビッグサイトで開催された医療・福祉施設のための専門展示会、ホスペックスの目玉商品の一つが、間違いなくこのフェルカー社の新型ベッドであった。
お試しになりたい方はフェルカージャパンまでどうぞ。
試供品の搬送も可能だそうです。
by n_shioya | 2007-11-17 10:13 | QOL | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム