ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2007年 03月 08日 ( 2 )
趣味に生きる
二子玉川、通称ニコタマ。こんな我が家から近くにこれほどの園芸センターがあるのを知らなかったのはうかつであった。

高島屋の斜め向かいの三階建てのビルには、第一園芸が入って苗物、切花、腐葉土その他ありとあらゆる園芸用品が華やかに並べられ、いよいよ僕もこの春からは本腰を入れなければと、グリーンサムがうづき出した。

どんな庭が造りたい?
そう、イギリスの郊外で見かけるシュラブの中に色とりどりの花が咲き乱れる野趣にとんだイングリッシュガーデンが理想である。

ところがこの野趣に富んだというのが曲者である。
一見自然そのものに見せるには実に手がかかる。フランス式の幾何学的な庭園、枯山水のような日本式庭園は確か似てはかかるかもしれないが、素人考えではいったんできれば一定のルールに従って手入れを行えばよい。
だが僕が庭園に期待するのは、庭に小宇宙を再現するのではなく、庭に入ることが自然への誘いになるような安らぎの演出。
しかも四季折々の花を絶やさずにするということは、時間だけでなく相当な経費も覚悟が必要だ。唯一の救いは花つくりに使える面積があまりにも狭いことである。

庭弄りはイギリス人の特技といえる。
ゆとりある階級は、平日は都会で過ごし週末はカントリーライフを楽しむ。
それがかなわぬ階層は週末は庭の手入れに怠りない。そして年に何回か隣近所で庭を開放して、皆でぞろぞろ鑑賞して廻り、つまり品評会を楽しむ。

僕が園芸に凝ったのは中学生の頃だからもう60年前である。
さて何から始めようか、このギャップは大きいが楽しみでもある。
まずは先日買った薔薇の大苗を早くうえ、彼岸ごろにはダリヤグラジオラスを植えこみ、そう玄関先には赤いカンナを咲かせ、どこかにイギリス庭園の風情を残し・・・

でも花つくりは30分あるから30分やればというものではない。その中に浸りこんで、何時もあれこれ思い巡らし、そう、まず花との対話から始めねばならぬ。

これだけではなかった。今年は家具つくりにも取り掛かるはずだった。
それやこれやでアンチエイジングの仕事がいささか停滞するのも仕方がないが、これ自体が僕のアンチエイジングになることは間違いないのでご勘弁の程を。
by n_shioya | 2007-03-08 22:30 | QOL | Comments(0)
夢を語る会
昨夜は「夢を語る会」の井上会長に夕食会のお誘いを受けた。
メンバーは東大老年看護学の真田教授と、ダイヤルサービス株式会社の今野社長に井上さんと僕の4人である。

真田先生は何度もこのブログにご登場いただいたが、今野社長は初対面であった。
財団法人2001年日本委員会の理事長もされている。女性ベンチャーの草分けのような方で、今後皆で新しい、サクセルフルエイジングの事業を展開しようということで、一晩中盛り上がった。
b0084241_14231411.gif

by n_shioya | 2007-03-08 10:23 | QOL | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム