ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2007年 01月 31日 ( 1 )
2コース目に入ったキレーション
今日の夕方今年三回目のキレーションを受けた。
去年の夏、キレーションのワンクール(10回のコース)を受けて、今年は2クール目ということになる。

何か違いは?
ときかれても、ええ、まあと曖昧な答えしか出来ない。
もともとキレーションは、何か病気やはっきりした症状に対して行うわけでないので、目に見えて何かが改善されるというわけではない。
そもそもは慢性の重金属中毒、蓄積した過酸化物EDTAというキレート剤の点滴で洗い流すという手法で、確かに検査値は改善されるが、もともと自覚症状が乏しいので、あまり改善されたという実感もわかないのが難点である。
人によっては、疲れが取れたとか、よく眠れるようになったとか言われるが、僕の場合はそれもない。

では何のためにキレーションを受けているのだろう、とさっきから考え込んでいる。
まず、銀座クリニックは上符院長が導入したキレーションの専門クリニックで、名誉院長である僕も人に勧めている以上自分で体験せにゃと言うことが一つ。
最近老朽化したマンションの水道管の汚れや錆が問題にされるが、人の体も老化が進めば、血管もさび付いてくるから、さびを洗い流したほうがいいですよ、と上符院長にやさしく言われるとついその気になってしまうというのが第二の理由。
第三の理由は去年の夏は頻回の八ヶ岳往復もいとわなかったのはキレーションの効果に違いないという配偶者の思い込み。
最後に “先生、このところ肌が綺麗になりましたね。”という美女軍団のお世辞が止めを刺した。

要するに害がなければともかく試して見よう、どんな効果があるかはやってみなければ分からないというのが僕の信条である。どうもあまり科学的ではないが。
だからエビデンスに欠けると言われても、やらなきゃエビデンスも出せないじゃないかと開き直っている。

ま、3月に2クールを終えて、夏前に3クール目に入る頃には、もっとポジティブなコメントを出せるかと期待している。
手術無しでヘルニアが治ったなんてことになれば万々歳だが。
by n_shioya | 2007-01-31 22:23 | アンチエイジング | Comments(3)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム