ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
シミ治療2ヶ月
昨日は三回目のシミのレーザー照射を受け、それに引き続き三回目のキレーションも。
まずシミだが、フォトをご覧になれば判ると思うが、確かに薄くなってきている。
後二回でワンセッション終わるので、10月には最終結果をお見せできるだろう。
b0084241_11421031.jpg

朝晩、クリームを塗ったり取ったり、たった数分の作業なのに、時々忘れることもあり、女性のスキンケアはこの十倍以上の手間をかけるわけで、まあよう毎日おやりになるわと改めて感心させられる。

キレーションと言うのはデトックス(解毒法)の一つで、EDTAと言う薬剤を点滴して、体内に溜まった毒素を排泄する方法である。

2年前にワン・セッション、というのは10回だが、受けている。其のときはカルシュームEDTAが使われた。これは水銀とか鉛とか、重金属除去が目的である。

今回受けているのは、ナトリュームEDTAであり、動脈硬化に良いとされている。ただ、動脈硬化と言っても自覚症状があるわけでないので、今のところあまり有り難味は感じられない。
ワンセッションが10回なのでまだ後7回、年内には終了するが、どこまで動脈硬化が改善されるか楽しみである。
by n_shioya | 2008-09-06 20:35 | スキンケア | Comments(4)
Commented by icelandia at 2008-09-06 23:51
スキンケアはモチベーションの違いですね。女性の場合、幸か不幸かそれが世間での物差しのひとつなので、自ずと肌の手入れに力も入りましょう。機能に不都合がなくても美容整形で切り貼りしてまで形を変えようと思うほど外見が重要になるのですから(それが本人の思い込みだとしても)、それに比べればスキンケアは扱いやすいものです。
化粧は1分!と決めていた私が世間並みに塗るようになったのも、身だしなみとして、キチンと顔を作った方がいいと言われてからのことです。年を取れば取るほど、確かにそれは言えているかもしれない、と同意。そういう煩わしい理由のない男性にスキンケアをしろと言っても、確かに面倒なだけでしょう。顔を洗うまでは毎日やりますが、クリーム塗ることは私も時々忘れます。
Commented by n_shioya at 2008-09-07 17:13
icelandiaさん:
「世間での物差し」と言われましたが、今日読み終わったリタ・フリードマンの「美しさと言う神話」はまさにそれをターゲットにした本でした。もうお読みかもしれませんが。
ただ、治療を始めて自分でも面白く思ったのは、目立つシミが少し薄くなってくると、それまで気づきもしなかった、目立たないシミ、そして小皺まで、なんとなく気になり始めたことです。
よく美容外科患者で、一箇所をいじるとさらにあれもこれもと手を入れたがるのを、我々はポリサージャリーと一言でくくって、病的な傾向ではないかと警戒しますが、其の心理の一部に触れたような気がします。
Commented by icelandia at 2008-09-08 00:10
残念ながら本は読んでいませんが、外観に関しては女性なら誰でも感じるごく当たり前のことですし、それが悲喜交々に通じていきます。単に自分が気になるか気にならないかだけではなく、痴漢に遭遇する確率まで左右するので厄介。
先生のシミが薄くなったとのことで、実は私もやりたいなぁと思っていましたが、他の部分まで気になり出すのは厄介ですね。そういう心理を教えていただき有り難う御座います。シミの前に歯医者へ向かった方がよさそうです。
Commented by きのこ組 at 2008-09-08 04:43 x
センセの仰るとおり、ポリサージャリーの心理はすべての女性の心の奥底に潜んでいると思います。。。ただ、ある程度で止めておかないといずれ”見世物小屋の怪物”のような顔になってしまいます。

ほんとうのこと申しますと、私個人としては、整形のやり過ぎの”怪物ちっく”な顔も、ある種の人造美でそれなりに美しいです。。ふふ。。こちらのハイソサエテーにたっくさんいらっしゃいます。


<< 美しさという神話 歯周病はなぜ恐い? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム