ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ほって置くなよ歯周病!
“もう十年早く治療を開始していれば・・・”
今日は朝から僕の歯の治療をしながら、、鈴木先生は言われた。
今作業しているのは右下の第二大臼歯である。

“思ったより病巣は根が深いですよ。”
ガリ、ガリ、ガリ、と病巣を削る音が響いてくる。しかし麻酔はありがたいものだ。まったく痛みは感じない。

それに歯周病の治療も進歩したものだ。昔だったらこの歯はとっくに抜歯されていたろう。
医者ともあろうものが、あまりにもデンタルケアをおろそかにした付けが今来ている。
一年前、昔の詰め物が外れた際に、暫くぶりに歯科がいらいを訪れ、鈴木先生にめぐり合った。
おかげで詰め物は簡単に再接着でできたが、ほとんどの歯が歯周病で、其の何本かは救いがたい寸前まで来ていると言う。
それから何ヶ月もかけて、全体の歯周病ををデンタルケアで改善しながら、問題となる何本かの歯を何とか温存しようと治療が続けられてきた。

一本ぐらい抜いてしまえば、と素人は考えるが、言はそう簡単でない。
今作業している第二大臼歯は、隣の第一大臼歯を昔抜いた後、其のまた隣の第二小臼歯と一緒にブリッジの支柱となっている。
これがなくなれば、ブリッジもかけられず、第一大臼歯は欠損したまま、結果的には二本、歯が足りなくなる。
それだけでなく、上の二本の大臼歯もかむ相手を失い、4本失なったのと同じことになる。
つまり右の奥歯では噛めなくなるのだそうだ。つまり硬いものが噛みにくくなるのだ。

ガリ、ガリ、ガリ。治療は続く。
“まだ、まだが出て来ますね。これを掻きださないと。”先生はおっしゃる。
目を閉じて顎を開けていると、頭は妄想でいっぱいになる。
何人もの作業員が海底トンネルを掘っている。周りは固い岩盤だ。と、其の一部に亀裂が生じ、海水がどっとあふれ出す。あ、いけねえ、こりゃだ。全員脱出!

暫くして先生の言葉が響いてきた。
、“さあ、今日のところは終わりました。”幸い海水の噴出は止まったようだ。
掻破したあとには抗生剤をつめておきましたので、これで上手く治癒してくれるかどうか、後はあなた自身の治癒能力如何ですね。”
考えてみると、これは僕がいつも治療に際して、自分の患者に言い聞かせてきた台詞だった。

治癒能力
様々。どうか最大限チカラを発揮してください。まだ、まだステーキやあわびには未練がありますので。
by n_shioya | 2008-09-04 21:32 | 老年病 | Comments(6)
Commented by きのこ組 at 2008-09-05 04:06 x
アメリカのシニアはほぼ皆総入れ歯ですが、質が良いらしく、分厚いステーキをまさか総入れ歯とは分からないくらい豪快にわしわし噛んでます。
これも”自由診療”の良いところでしょうか。
Commented by グリーンノート at 2008-09-05 10:56 x
こんにちは、ブログいつも拝見しています。「読むアンチエイジング」としてわたしにとってのサプリメントになっております。ところで先生は、おうちではどんな歯みがきペーストを使われているのでしょうか?さしつかえなければ、教えて頂きたいです。歯周病用のペーストはいろいろ出ているようですが、お薦めはありますか?
Commented by ふくだ at 2008-09-05 12:50 x
口腔内のアンチエイジングも、見聞きすることが多くなってきました。それでもやっぱり歯科医は、産婦人科以上に敷居が高く感じます・・・あと10年早くというセリフは、そのまま私にも当てはまる時が来る気がします
Commented by n_shioya at 2008-09-05 22:07
きのこ組さん:
最終的には義歯も必要になりますが、やはり自分の歯に勝るものは無いと言うのが歯科医の立場のようです。
今僕が受けている保存的な治療のほうが、かえって人件費などかさむのではないかと思いますが、この辺は主治医に伺ってみます。
Commented by n_shioya at 2008-09-05 22:09
グリーンノート さん;
その辺がいい加減だったのもいけなかったと思います。ペーストだけでなく、歯ブラシも使い分けが必要なようで、今まさに歯科衛生士から懇切な指導を受けているところです。
Commented by n_shioya at 2008-09-05 22:12
ふくださん;
今の歯科治療は進歩しています。
あまり敬遠しないで、是非一度早めの検診をお勧めします。


<< 歯周病はなぜ恐い? 昔の風邪と今の風邪 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム