ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
リヒテルの流儀
昨日の雪の後遺症で午後まで首都高は閉鎖。第三京浜も閉まってしまい銀座には行けず仕舞い。
あれっぽっちの雪で、しかも今日は日が射しているというのに、首都圏はこれほど雪に弱いとは。
内地の奴らはだらしないと札幌の友人に笑われる訳だ。

さて先週、さいたま芸術劇場で“リア王”のマチネーを見る予定の日の夜、王子ホールでゲルハーレルの“美しき水車小屋の娘”のリサイタルがあると知ってどうするか迷ったと書いたが、結局はそのまま家に帰ったのは正解だったと思う。
昔だったら欲張ったかもしれないが、最近は頻回でなくて良いから、一つだけよい物をじっくり消化したほうが、味わいが深いと思うようになった。ことにあの蜷川演出の平幹二郎のリア王の後は。
ゲルハーレルは次回の来日を待つこととした。

リヒテルの流儀_b0084241_1984221.gif同じようなことをリヒテルも言ってるのを思い出した。
彼の場合はもっと極端で、美術館に行ったら、お目当てを一点だけに決めて、あとは一切見ないという。
彼の伝記の作者で秘書役でもあった河島みどり氏が書いている。
「マエストロはナターシャにブリューゲルを見せたいと言い出した。われわれは国立美術館(ウィーン)に行った。入り口でマエストロはきびしく命令した。
“ほかの展示物を見てはいけない。目的はブリューゲルだ。私がいいというまで目を伏せて廊下だけ見て歩くのだ。”
先にたって歩きだしたマエストロはときどき抜き打ち的に振り返って、われわれが命令を厳守しているかどうかを点検した。ナターシャも私もリヒテルの意図を了解しているから違反はしなかった。
まったく彼の方法論は正しいと思う。たとえ素晴らしい絵でも次から次へ見せられると感動は硬直してしまう。私たちは白紙の心でブリューゲルを鑑賞することが出来た」

僕も同感である。深く“感じる”ためにはストイックであることも必要だ。
むさぼるように見聴きするのは若者に任せて。
by n_shioya | 2008-02-04 20:18 | QOL | Comments(7)
Commented by 鈴木日記3620 at 2008-02-04 20:35 x
始めまして鈴木日記です、只今非常に良い記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。
鈴木日記3620
http://suzuki12345.cocolog-nifty.com/blog/
Commented by icelandia at 2008-02-04 21:11
美を鑑賞する心構え自体に、激しい美意識を感じます。凡人には贅沢すぎてちょっと真似できないなぁ。でも、そういう感覚になることは、時々あります。絵を一点だけを見に行こう!ではなく、その一点を見たら、他はどうでもよくなってしまうことは。
音楽もそうで、演奏が心の奥底まで響くと、コンサート後は誰とも話したくなく、ジーンとする感動をそのままいつまでも胸に抱いていたくて、むっつりしていることしか出来ない。感動しすぎて言葉を失っている状態とも言えるかもしれません。余韻を楽しみたいってことなんでしょうかね。
Commented by n_shioya at 2008-02-05 21:14
鈴木日記さん、コメント有難うございます。
これからもよろしくお願いします。
Commented by n_shioya at 2008-02-05 21:18
icelandiaさん:
最近とみに、“感ずること”を大切に思うようになりました。
リヒテルの流儀も、その為の一つのヒントと考えればいいのかもしれませんね。
Commented at 2008-02-08 02:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-02-09 22:12
山路さん:
美とはいかにに余分なものをそぎ落とすかにある、と聞かされたことがあります。
Commented by 山路純平 at 2008-02-10 01:43 x
塩谷先生へ

なるほど。
生き方に通じるものが
ありますね。

やはり、塩谷先生の若さは、
いつまでも学び続ける知性から
きているのでしょうね。




<< 容貌のメッセージ性・・・シラノの場合 美容外科とは、そして人は何故美を? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム