ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
医者選びのコツ
現役を退いた今でも、医者の紹介を頼まれることはしばしばある。
これが意外に難しい。
医者であっても自分の医者選びには頭を悩ますことが多い。

そもそもいい医者とは何だろう。
まず腕がいいこと、これには診断が確かで、治療、外科の場合は手術になるが、その腕がいいこと。
もちろん最新の知識にも通暁していること。
また、いくら腕が良くても、頭が良くても、おっかない先生は遠慮したい。つまりこちらの聞きたいことには分かりやすく、親切に説明してくれるないと困る。
じゃ、お前はどうだったと聞かれると忸怩たるものがあるが。

医者の紹介を頼まれた場合、僕はまずすでに誰かにかかっているかどうかを確かめる。
原則として、医者を変えるのは反対だからだ。
よほど特殊な病気であったり、その医者が医者仲間で定評のヘボ医悪徳医師なら別だが、通常は医者を変えればすべて検査をしなおしたり、同じことでも医師によって説明のニュアンスが違うと却って迷いが深くなるからである。
また、言い方は悪いかも知れぬが、並みの病並みの医師に任せたほうが無難である。

唯最近は“セカンドオピニオン”という考えが定着してきて、必ずしも転医のためではなく、とりあえず別の医師の意見を聞いて確かめたければ便宜を図りましょうと、セカンドオピニオン外来というのも生まれてきたので、活用されると良い。
ことに手術が必要な場合、外科医としては考え抜いた結論でも、突然手術といわれれば、素人でなくても、エッ、切らないと駄目ですか、とまずショックを受けるのが普通だろう。そこでセカンドオピニオンもやはり手術となれば、諦めもつくというものだ。
もちろん、“札付きの医師”の犠牲からもまぬかれることも出来る。

かってイエズス会の神父さんから相談を受けたことがある。カトリック系の病院で大腸がんで手術が必要を言われたという。やはり癌センターで手術を受けたほうが安心なのではという悩みだった。
話を聞いてみると、唯普通の大腸がんで、手術もルーティンのものである。幸い僕もそのカトリック病院と関係があり、外科部長も信頼できる方と知っていたので、たってと言われれば癌センターもご紹介できますが、今の病院でなんら問題ないし、院長も主任看護婦もカトリックで、むしろカトリック司祭にとっては、何かと好都合ではないか、また、入院環境も世俗の病院よりも優れているのではないか、と申し上げた。
だが、神父でもこんな時、世俗的に悩むものかと、いささかがっかりしたのも本音である。

そこで、医療というものは、医師とか看護師とか、また、医療設備とかいったものだけでなく、それ以上の次元の働きに、“神のご加護”とは言わなかったが、助けられるものだなど、“釈迦に説法”のようなことを付け加えた覚えがある。
そしてまた、良い医療を生み出すのは医師と患者の信頼関係であること。つまりこの先生にならすべてお任せします、たとえ結果はどうあろうと、と言うくらいの信頼が生まれれば、医師の力も最高のものが発揮されるものですよ。

このような僕のつたない説明に神父さんは納得してくださり、そのカトリック病院で手術を受けられた。
幸いに経過は良好で、30年たった今も、故国のハンガリーでまだ司祭として活躍されている。

医師自身の医者選びはまた別の難しさがあるので、次回に回す。
by n_shioya | 2008-01-06 20:27 | 手術 | Comments(14)
Commented by 小倉悠加 at 2008-01-07 16:01 x
 ふと目にとまって読み始めたところ面白くて、2日間かけて全部読ませていただきました!私自身、更年期にさしかかっているので、アンチエイジングはとても興味あるところです。サプリオタクだし・・・。あと、最寄り駅が横浜なので、横浜の話に親近感を感じてしまいました。

 美女軍団に囲まれていらっしゃる写真がいつもとても楽しそうですね。私は女性ですが、美しい女性に囲まれるのは好きです。もっと若ければお仲間にしていただきたかったところですが、美女の基準をクリアできなかったかも(笑)
 
 以前のブログでホメオパシーについての感想を後日書くということでしたが、私が見落としましたでしょうか。ホメオパシーの理論はわかりませんが、西洋医学でも漢方でも効果無しだった症状に、私の場合はホメオが即効です。なので、先生のご感想にはとても興味があります。
 
 私のブログもEixite公式で、話題はアイスランド。アンチエイジングとは直接関係ありませんが、日本と並ぶ長寿国でもあり、日本との共通点も多い国です。話題は音楽中心ですが、政治やエネルギー問題も時には取りあげています。お時間のある際にでもぜひご覧ください。長々と失礼しました。
Commented by n_shioya at 2008-01-08 08:29
有難うございます。
悠加さんのブログも楽しいですね。
北欧三国にはいきましたが、アイスランドはまだです。
一度北極圏回りをしたいと思ってます。
ホメオパシーは、一応のことしか知らないので、いま少し勉強してからと思ってます。
もしご自身の体験をお教えいただければ幸いです。
今後ともよろしく。
Commented by Doc.K at 2008-01-08 10:00 x
お二人がコラボしたら、味わいの深い楽しいブログが出来るんでしょうね。Oさんのブログに感嘆しました。積極的にあることをする・最高のアンチエイジングなのですね。日々診療とゴルフだけではダメだ(自嘲的)。
Commented by 小倉悠加@ICELANDia at 2008-01-09 15:09 x
早速こちらのブログをご覧いただき有り難う御座います。うれいしです!ホメオの件は非公開でコメントさせていただきます。

Doc.Kさん、コラボ・ブログって、アンチエイジングドクター&モルモットってことでしょうか?ボケと突っ込みみたいになって、面白いかもしれませんね。こちらのブログにもお寄りいただき有り難う御座います。少しでも楽しんでいただければ嬉しいです。
Commented at 2008-01-09 15:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-01-09 15:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-01-10 09:06
悠香さん、Dr K、
ご議論有難うございます。
ペアも悪くはないが、いっそトリオで賑やかにやりませんか?
ホメオパシーの件は了解しました。
色々過去の歴史も含め、頭を整理して載せることにします。
Commented by 小倉悠加@ICELANDia at 2008-01-11 11:50 x
社会は3名以上から形成されるので、トリオの方がバランスがいいのかもしれませんね。それをどうやってブログにするのでしょうか。当番制?公開交換日記?話題がバラバラでもナンですよね。交換日記は中学生の頃に女の子のお友達とやりましたが、男性2名と同時にお付き合いしたことはないです。ちょっと憧れるけど(笑)。
ホメオの件、有り難う御座います。お時間をとらせて恐縮です。
Commented by n_shioya at 2008-01-11 21:56
たとえばコンなのは如何でしょう。
僕が自分のブログのコメントで、お二人のご意見をいただきたい箇所を指摘して、コメントを入れていただくというのは。
たとえば今日の神の手などは是非お二人の、それぞれのお立場からのご意見をいただきたいところです。
もちろん今までどおり、その他ご自由にコメントを入れてくださって結構ですが。
Commented by Doc.K at 2008-01-12 00:21 x
プロフィールを見させていただくと、お二人とも夢追い人、そして夢を具現された人生の達人。私は夢を(病気で)頓挫させた凡人(米国で臨床医として研修を受けたかった~~~ ECFMGは合格)。達人と凡人が同じ画面に書き込みをする、その結果は見え見えですが塩谷先生、悠加さん、お仲間にお願いします。そう、塩谷先生とは1970年からのお友達だから、悠加さんよろしくね! Carpenters あの歌声好きでした。(私のプロフィールはhttp://www.hashicli.jp/で見れますが)
Commented by 小倉悠加@ICELANDia at 2008-01-12 01:03 x
なるほど、お抱えコメンテイターって感じですね。それなら素人丸出しでも許されるでしょうか。

素敵な男性二人に囲まれてうれしい反面、心配事が二三有ります。 1)他の方々がコメントを付けにくくならないか。
 2_a)良くも悪くも私はストレートに物を言ってしまうため、失礼なことを書いてしまわないか。
 2_b)面白くない冗談を書いて、このブログの品格を傷つけないか。

どーしよーもない私のコメントは、適宜削除していただくということでお願いできれば幸いです。

Doc.Kこそご立派でいらっしゃいます。私は大人になれないままわがままなオバチャンになってしまった感じで、情けないです。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

それでのっけから恐縮ですが、これより3日間ネットにアクセスできませんので、月曜の夜にまた寄らせていただきますね。
Commented by n_shioya at 2008-01-14 21:44
悠加さん、確かに他の方々のバリヤーになっては困りますね。
むしろ今までどうり、あまり義務感なく気楽にコメントいただいて、他の方々にも参加して頂き、このコメント欄が活性化すれば一番ありがたいですね。
当方としては、ストレートでも変化球でも大歓迎ですので、今後もよろしくお願いします。
つまらねーでも、くだらねーでも、反対!でも、遠慮なくどうぞ。l
Commented by 堀口舞 at 2008-10-08 13:41 x
医療崩壊ー地域医療の崩壊は、今国民的な関心になっていると思いますが、わたしの知人の開業医の先生が最近、このテーマで執筆されています。
この本によると、その崩壊の主な責任は、医療行政の問題にあると指摘しています。つまり、医療費など年間2200億円削減のしわ寄せを、地域の医療現場に押しつけているとのことです。
このような、一開業の方々を含めて、現場の医療関係者から様々な議論が巻き起こってくることを期待したいところです。
『医は仁術か算術か―田舎医者モノ申す』(定塚甫著・社会批評社・1500円)
Commented by n_shioya at 2008-10-08 22:29
堀口舞さん:
ぜひ読ませていただきます。


<< 医者の医者選び 医療崩壊 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム