ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
新現役ネット
今日は珍しい方がクリニックにお見えになった。
外交評論家の岡本行夫氏である。
新現役ネット_b0084241_14303278.jpg

湾岸戦争後、外務省を退官され岡本アソシエイツを設立、小泉首相の特別補佐官としてイラク問題で活躍されてきたことはご承知の通り。
その他多方面で活動をされているが、今回は氏の主宰されるNPO法人新現役ネットについてお話を伺いたく、お招きしたのである。

紹介してくださったのは、われわれのNPO法人アンチエイジング・ネットワークの顧問でもあり、ブログにもたびたび登場する謎の美女軍団の司令官の朝倉匠子女史である。
我々のNPO法人アンチエイジング・ネットワークは、健康長寿を医療の立場から支えるものとしてスタートしたが、その先には健康長寿何の為?すなわち高齢者の生きがいに通ずる大問題を抱えている。端的に言えば活動の場の提供である。

その意味で、われわれのNPOが医療を中心とした健康長寿の手段の構築のネットワークとすれば、岡本氏のはそれによって得られた健康な高齢者の生きがい、つまり目的の創出に関るものであり、われわれも参加して、今後は協力体制を築ければという話になった。

だが、じつは岡本氏にお会いしたのには別の理由が立派に存在していたのである。
それは累卵の危うきにある日本外交を、専門の立場からどうご覧になっているか、お伺いしたかったのだ。

経済、政治に全く疎い僕でも、昨今の日本外交にはあぶなっかさ感じている。
具体的にわが国の場合、アメリカの機嫌を損なわず、アジア諸国特に中国との関係を大事にしなければならない。
この綱渡りが生易しいものでないことは承知しているつもりだ。
だが今の拙劣な外交は、誰の責任にせよ、極東の島国をさらに孤島へとおいつめようとしているように思えて仕方が無い。

それに対する岡本氏のお答えは、いつもどおり明快であり、またある程度は予測されていた内容であったが、あまりにも生々しいので、たとえ個人のブログでもそのままお伝えすると氏にご迷惑がかかるかもしれないので、控えさせていただく。
by n_shioya | 2006-06-08 23:59 | QOL | Comments(0)


<< 遠来の友 会議の1日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム