ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
触れることの科学
触れることの科学_b0084241_21595202.jpg

一口に五感と括ってしまうが、視覚、聴覚、味覚、嗅覚と違って、触覚は特別な人間にとって重要な感覚であるというのが、この本の趣旨である。例えば触覚以外の感覚は、その障害はその感覚器官の領域に限られるが、触覚の異常は全身、全心に及ぶという。例えば新生児の時に母親のスキンシップが欠如すると、一生メンタル面での障害がのこりうる。また、基本的な触覚のほとんどは知覚神経のAファイバーで伝えられるが、最近はCファイバーの存在が明らかになったという。Aファイバーの神経伝達速度が時速400キロなのに対し、Cファイバーは時速3・2キロと100分の1という遅さである。そしてファイバーは優しく皮膚をストロークした時に働くので、人と人との接触に特化した、いわば愛撫のセンサーと言える。そしてセクシャル・タッチについても一章が割かれているのもありがたい。その主役は陰部神経と呼ばれる特殊な構造の神経だそうだ。またその延長線上で、オーガズムのメカニズムにも踏み込んで最新の知見が披露されている。今年の課題を「五感の磨き方」と叫んで、「ハグの効用」を力説している塩谷塾の塾長にとっては、絶好の教科書と言える。

by n_shioya | 2020-01-15 22:00 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ヨミドクター のコラム 家族とは? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム