ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
笑いと治癒力
笑いと治癒力_b0084241_21373793.jpg

ノーマン・カズンズの「笑いと治癒力」は何度か取り上げた覚えがあるが、風邪で寝込んだのを機会にまた読み返している。
彼はアメリカの週間評論誌「サタデー・レビュー」の編集長を永年務め、日本ではいわゆる25名の「原爆乙女」をニュー・ヨークのマウント・サイナイ病院で治療を受けさせ,日本の形成外科の誕生に寄与した人として知られている。
その彼が1964年に重篤な「膠原病」を発症し,当時はこれと言った治療法もなく、助かる確立は500人に一人と言われた。
だが彼はそれで落ち込まず、独自に膠原病と可能な治療法を探求し、
①ビタミンCの大量点滴療法
②笑いの効用
に辿り着き、見事に「膠原病」から脱出した。

ビタミンCの点滴療法は最近ではその抗酸化力、免疫能強化力が認められ、アンチエイジングの分野でも,有効な手法として普及し始めている。
昨日も触れたように,現代社会では「ストレス」が殆ど全ての病気に関与している.
過度のストレスは、昨日触れた「視床下部—脳下垂体—副腎系(HPA)」で受け止められ,過度のストレスは「副腎疲労」を惹起し,様々な病気を引き起こす。
「膠原病」もその一つ。

「副腎疲労」を起こすストレスの一つとして,ストレス説の提唱者セリエは「情緒的緊張」を挙げている。例えば欲求不満や押さえつけた怒りなどである。
このネガティブな「情緒的緊張」に対して,「積極的,肯定的な情緒は?」と考えたのがノーマンカズンズの偉い所である。
その有効手段として彼は笑いに着目し、寝室にテレビを持ち込んで毎日お笑い番組を見続け,見事に病を克服する。
彼はその他にも「積極的な情緒」を引き起こすものとして,「愛」「希望」「信仰」「信頼」そして「生への意欲」などを挙げているが、これらは全て医療の根幹にあるべきとは,遅まきながら我々医師共も気付き,真剣な取り組みが始まっている…と思いたい。
笑いと治癒力_b0084241_2138764.jpg

by n_shioya | 2015-10-29 21:38 | 医療全般 | Comments(0)


<< 姉の文化功労賞受賞 ストレス解消法 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム