ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
脂肪を馬鹿にするな!
脂肪を馬鹿にするな!_b0084241_20563585.jpg

学会も無事終了。
今日の収穫は「脂肪」の再評価。
モーパッサンの「脂肪のかたまり」以来、「脂肪」は侮蔑の対象,女性の重荷となってきた。
だがこの脂肪細胞,最近は万能細胞として再生医療の世界では人気上昇中である。
これまでも食欲コントロールを含め或る種ホルモンの発生源と言う事は知られていた。
それだけではない。
今流行の再生医療での三要素は「幹細胞」、「骨組み」そして「成長因子」であるが、勿論主役は必要な細胞に分化してくれる「幹細胞」である。
脂肪組織にはその「幹細胞」がたっぷりあると言うのが最近の発見。
更には,脂肪細胞は機械的刺激に反応すると言うのが,今日の日本医大の小川教授の発表である。
具体的には、張力がかかると脂肪細胞は減少すると言う。
これは何を意味するか?
筋トレや有酸素運動をすると筋肉細胞は増えるが,皮下脂肪は減少するのは常識で、フィットネスの目的でもある。その場合,これまでは運動でエネルギーを消費するため,脂肪が燃やされると考えられていたが、筋肉細胞は張力がかかると増殖するが,同時に脂肪細胞はその張力で退化すると言うのが小川理論である。
つまり張力が体型改善のためには一石二鳥というわけだ。
ダイエットをすると,減って欲しい所よりも,増えて欲しい所(さて何処かな?)の脂肪がまず減ってしまうと言う女性の嘆きを聞くが、こうして脂肪細胞の挙動を理解することで、メリハリの利いた体型造りが可能になるのでは,とこの単細胞の男は小川理論に共鳴した。
ちなみにこの男は脂肪と相性がよく、すき焼きでの一番の楽しみは,始めに鍋に塗り付ける脂肪のかたまりを,配偶者の目をかすめてサッと口に頬張ることである。
by n_shioya | 2015-10-09 20:56 | 再生医療 | Comments(0)


<< 横浜タベログ 形成外科医も聞いておきたい 世... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム