ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
フェラーリ症候群
「フェラーリ症候群」というのを耳にして考え込んでいる。
医者になる目的がフェラーリを所有することにあると思い込む風潮が医学生や,研修医に蔓延とまで言わぬまでも,広がっていると言う。
火付け役の一つが,最近問題になっている「悪徳美容外科チェーン」のようだ。
まだ医師としての自覚の生まれる前の,医学生や若い医師を、自分のところにくればすぐに高級マンションに住み,フェラーリを乗り回せるようになると甘言で釣ると言う。
フェラーリ症候群_b0084241_22133193.jpg

“今時の若いものは”というのは老化現象の一つとされているようだが,大分以前から海外の医師の間でも,若い者の「チャレンジ精神の欠如」は嘆きの的となっていた。
“俺たちの頃は”と彼等はいう。“心臓外科とか脳外科は研修が過酷で,専門医のハードルが高いという理由で,レジデント希望者に人気があったものだ。其れがなんだ,いまは手軽に専門医になれる科に殺到する。”勿論それらの科も必要であり、其の意義を否定する訳ではない。
フェラーリも結構。だが医師の務めは患者の悩みに答えることであり、決してフェラーリを手にすることには無いと言いたい。
by n_shioya | 2014-11-22 22:14 | 医療全般 | Comments(0)


<< 小さいパリ見つけた 脳は美をどう感じるか? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム