ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
形成外科の生みの親、大森清一先生
日本の形成外科の創始者が警察病院院長だった故大森清一先生であることに異論はあるまい。
形成外科のドン、杏林大学の波利井教授を始め、多数の形成外科医を育てられた。
当然ながら大森先生は人心を収攬する術にもたけていた。
弟子たちといっても皆、もう一人前の医者である。そう言いなりに動くものではない。
“塩谷君、あいつらをコントロールするコツを知ってるか?”
“いえ?”
“まず、弱みを握ることだ。金の問題だろうが、女だろうが、患者とのトラブルだろうが、何か問題は抱えているものだ。そこに助け船を出して弱みを握って首根っこを押さえつける。これがコツだ。俺はそうして君臨してきた。”
“その女だが、君、決して素人には手を出すなよ。金で解決できる奴だけ相手にしろ。
ま、なんかトラぶったら俺にすぐ知らせろ。面倒にならぬうちにけりをつけてやるから。”
“へぇ”とだけ答えるしかなかった。
不幸にして僕にはそれだけの余力も、甲斐性もなかったのでこの領域で先生のお世話になることもなかったし、首根っこを押さえられずに済んだ。
b0084241_233311100.jpg

先生ご自身はそのころ60台だったはずだが、まだまだお盛んなようだった。出入りの業者さんから言われたことがある。
“朝鮮ニンジンだの、ヨヒンビンだの年中お届けさせられるんですよ、お若いですね。” まだバイアグラ以前の話しである。
そのせいかどうか、ついに心筋梗塞で倒れられた。バイパスだの、カテーテルだののなかった時代である。皆に隠してニトログリセリンを飲み続けていたらしいことも分かった。
それが奇跡的に回復され、又仕事に復帰された。
もっと休まれてと気遣う我々に対し、“君たちな、心筋梗塞は治った後は瘢痕で固まって、鉄筋コンクリートのように頑丈になるんだ。”といって、それまで以上に活躍された、10数年後に芦の湖の遊覧船上で再発作を起こされるまでは。
実はその時は僕が会長として日本美容外科学会を箱根で開催し、船上で懇親会を行ったのである。
11月ですでに寒いときだった。
すぐに応急処置を施し、地元の病院を経て警察病院の集中看護室に移送した。
だが年を越して間もなくお亡くなりになった。
ひたすらお詫びを続ける僕に、御夫人は反対に慰めてくださった。
“武士が戦場で死んだのですから、本人も本望ですよ。”と。

いずれ僕も余裕ができたら、「大森清一一代記」でも書かせていただきたいし、又十分にその材料は持ち合わせているつもりだ。
by n_shioya | 2014-07-28 23:33 | 医療全般 | Comments(2)
Commented at 2014-10-08 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2014-10-13 14:32
fumikoさん:
宇津木先生は如何に効果を持続出来るか、工夫を凝らしておられます。其の点効果については優れていますが、手術時間,経費では他より負担がかかるかもしれません。
一度診察を受けられて、納得がいけば受けられたらと思います。


<< 大森先生はムンテラの名人でもあった。 インパクトファクターという妖怪 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム