ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
人体蜘蛛の巣説
人体蜘蛛の巣説_b0084241_19425583.gif

現代の西洋医学は“群盲が像を撫でている”ようなものでその傾向はますますひどくなっている。
臓器別に専門化が進み、その専門がさらに細分化され、そのうちにおれは右の腎臓ならわかるが、左の方はお手上げだ、そっちの専門家に頼む。というのも笑いごとではなくなるかもしれない。
しかし人間は臓器の寄せ集めではない。
一つの有機体で、それぞれの臓器は、こちらの都合で切り分けたにすぎない。
これを抗酸化、抗糖化、免疫、ホルモンなど共通項でつなぎ合わせているのが、今の抗加齢医学で、いわば統合医学と言える。
人体蜘蛛の巣説_b0084241_19431347.jpg

今僕の持ってる人体のイメージはクモの巣に例えることができる。
各臓器、各系統がクモの巣のように張り巡らされ、クモの巣のように1か所を引っ張れば全体に響く。クモが網を張って、どこに餌がかかっても敏感に察知して飛びかかる姿をイメージしてほしい。
だから僕が言いたいことは、全体に影響のない部分はないということが一つ。
次に、だからと言ってその部分だけで全体をうんぬんすることはできないということ。
例えば腸を調べている人は、すべてが腸で解決するように錯覚するし、免疫、体温、呼吸法、食事療法など、だれもが自分の得意分野に我田引水し、それで万事解決とする風潮に反発したくなる。
by n_shioya | 2014-02-16 19:43 | 医療全般 | Comments(0)


<< ヨガの薦め 銀の匙 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム