ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
形より心??
それにしても、人は何故、メスに頼ってまで、痛みをこらえ、若さを求めるのだろうか?
そのままで十分魅力的な女性の顔に、若返りを目的にメスを入れ、顔の皮を剥がし、顔面神経に気を遣い、術後の出血が気になって気になって、退院までにはこちらの神経も使い果たした時、僕はしばしば自問したものである。

すると、ある女性患者が答えてくれた。
“女がね、先生。こんな決意をするのは、男を引き留めようとしているときか、必死に追いかけているときなのよ。”とさらりといわれ、ずしりときたことがある。

そんな思い詰めた様子とも思えない、あっけらかんとした患者も増えてきた。一部の心無い医師の宣伝に惑わされてか、化粧感覚で手術を受けに来る患者には、こちらが戸惑ってしまう。
最近では男の皺伸ばしも珍しくなくなってきた。ことにアメリカでは、転職に有利というのが錦の御旗の様である。日本では、小泉再選までは爺むさいほうが政界でも、実業界でも幅を利かしてきたようだが。
それでもわが国ではまだまだ美容外科に対する風当たりは強い。

しかし、「形の美」にこだわるのはいけないことだろうか、そして「若さ」に美を感じることは。
ここで一つ開き直って、「形より心」という道学者への反論を試みたい
ここに誰でもが慣れ親しんできた彫刻がある。
ミケランジェロのピエタだ。
よく見るとおかしなこと気づかないだろうか。
b0084241_2164327.jpg

これほど写実的なのに、キリストは30才で布教を始め、三年後に磔にあったとされている。すると33才だ。マリアはその母なら、当然50才は過ぎているはずだ。しかし、このマリアは、キリストより遥かに若い、20才の乙女である。

何を無粋な、これは造形の要請じゃ。と言われるかも知れない。そこが問題なのです。ここバチカンはカトリックの本山、心の世界の指導者である。そこでも、女性の美を表すのに、若さに頼らざるを得なかったという事実を、どう受け止めるのか。
この辺で我々は、若さに美を感じる気持ちを素直に認め、「形より心」という建前のくびきからも解き放たれてもよいのではないだろうか。
by n_shioya | 2013-03-27 21:07 | 美について | Comments(0)


<< ヒースの丘のブロンテ姉妹 「寮雨」と言う美風 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム