ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ボストン大火と湿潤療法
第二次大戦の最中、アメリカでは戦場での大量の熱傷患者の発生に備え、いかに最小の手間で、迅速に対処できるかの研究を進めていた。
その一つとして、それまでの手のかかる消毒法や、包帯をやめて、消毒も抜きにして、唯ワゼリンガーゼでぐるぐる巻にすることが検討された。

丁度その頃、ハーバード大学の外科の教授、オリバー・コープ博士は、火傷の皮膚を乾かしてかさぶたで治す従来の熱傷治療に疑問を抱き、新しい方法を模索していた。
火傷で出来る水ぶくれ、水泡の液には創面にプラスな物質が含まれているに違いない。叉水泡膜はそのんs577保護膜になるのではないかと言うのが博士の考えであった。
つまり、余計なことを先ず省いて、自然にまかせようということである。
たまたま博士は自分の姪が手に火傷をしたとき、家族によく訳を話して、水泡を破らずに、叉薬も塗らずに、きれいに治し、確信を深めたところだった。
丁度この研究は戦時下の国の思惑とも合致し、相当額の予算を国から受けて、実用化に向けて体制を整えていた。1942年のことである。
ボストン大火と湿潤療法_b0084241_15332999.jpg
其の秋、ボストンのナイトクラブで大火事が発生し、五百人以上の重症の熱傷患者が発生した。
大戦の最中、我々は食うや食わずで防空壕生活をしていたときに、ナイトクラブでどんちゃん騒ぎ等、彼我のゆとりの差を感じさせるが、たまたまその週はアメリカの感謝祭の連休で、叉ボストンカレッジのフットボールの試合とも重なって、街はお祭り騒ぎで沸き返っていた。
重症の患者達はまず、ボストン市立病院に運ばれたが、すぐ満杯となり、残る患者はすべてコープ博士のマサチューセッツ総合病院に搬入された。
そこでは数百人の重症熱傷患者を一時に治療するという、前代未聞の必要に迫られて、検討中であったいわば最大限手を抜いた治療方針を適用したのである。
処がその結果は、今までの手の込んだ処置よりも、かえって成績が良いことがわかった。
そのナイトクラブがココナットグローブという名前だったので、「ココナットグローブ大火」としていまだに外科の教科書に引用されている。

これを機会に、今までの火傷を含めた総ての傷の処置が見直され、余計な操作を一切省いた処、熱傷の死亡率もぐんぐん下がり、現在我々が提唱している、過度の消毒は避け、創面は乾かさずにといういわゆる「湿潤療法」の誕生のきっかけとなる。
by n_shioya | 2013-03-03 15:10 | キズのケア | Comments(0)


<< 「鏡よ鏡」 なに、しわ伸ばしが... 「男と女は間違い電話」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム