ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「正しい傷の手当」
「正しい傷の手当」_b0084241_2155618.jpg


“怪我をしたらどうする?2
“まず、「消毒薬」をつけて、フウフウと乾かして、「かさぶた」を作るに決まってるじゃないか。”
“それが大間違い”、というのが今日のテーマだ。

傷口は水でよく洗い、「消毒剤」はなるべく使わない。
また、傷口から染み出る体液はなるべく逃さず、「モダーン・ドレッシング」でカバーし、乾かさずに早くキレイに治そうというのが、最近の考えである。

「火傷」も同じことだ。やけどで作ってしまう水ぶくれ、これを水泡というが、その「水泡液」が漏れないように、水ぶくれの薄い膜つまり「水泡膜」を保護しておくと、火傷も早くキレイに治るということは、実は昔から経験的に言われてきた。

これを豚の皮膚で実証したのが、イギリスの動物学者ウィンター博士である。1962年のことだ。
その後の研究で、傷口から染み出る液の中に、傷を治す「化学物質」が豊富に含まれていることと、キズを治すのは「表皮細胞」とか「繊維芽細胞」といった本人の細胞であり、生きた細胞は乾けばミイラ化して死んでしまい、又「化学物質」も働かなくなってしまう。つまり「湿潤環境」はキズが治るのには最適の環境であるということがわかってきた。

「水泡膜」の役目をする保護膜として、傷の治療用に試みられたのが、その頃外科領域で使われ始めたオプサイトと呼ばれる高分子の膜で、それを改良したものが、「モダーン・ドレッシング」と呼ばれるガーゼに代わる「被覆材」である。

既に医療用にはさまざまな「モダーン・ドレッシング」が開発されているが、その後ジョンソン・アンド・ジョンソンが、家庭用に「キズパワーパッド」という、バンドエイドタイプのものを発売し人気を呼んでいる。又最近では他のメーカーからも同様な被覆材が発売されている。

では「消毒剤」がなぜいけない?
まず、「消毒剤」はばい菌も殺すかもしれないが、先に述べたキズを治す傷口の細胞たちにも障害を与えるからである。
今ひとつの理由は、傷口からごみや細菌を除くには、水で機械的に洗い流すことがもっとも有効であり、よっぽど汚い傷で無い限り、“「消毒剤」に頼る必要はない”というのが最近の考えである。

そうは言っても、慣れというのは恐ろしいもので、われわれ医師のあいだでも、理屈ではわかってもなかなかこれまでの消毒法や、ガーゼによるカバーから脱却することが難しいのが悩みである。
by n_shioya | 2013-02-07 21:06 | キズのケア | Comments(0)


<< 「ムンテラ」とは? 人魚姫秘話 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム