ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
持てるものの悩み
"裸を見られたとき、ぱっと下を隠せば東洋人、上を隠すのは西洋の女”といわれている。
とすると、イチジクの葉でとりあえず下を覆ったイブは、やはり東洋人だったのか?などといらぬ詮索は神学者に任すとしても、アメリカ女性なら、まず胸を保護したものである。
かってフルブライト留学生として、私はこの目で確かめているが、誤解はしないで欲しい。私に覗きの趣味はない。

中庭を隔てた向こうのアパートの住人たちがいしばしばカーテンを閉め忘れただけのこと。アパート不足で、一時期、我々一家だけ看護婦の寄宿舎に住まわされた事情による。
彼等は三人で一つのアパートをシェアしていて、みな大砲の弾のような持ち主であった。
しかしこの砲弾は鋼鉄製ではない。風呂上りはやはりダランと垂れている。
が、ブラを締めたとたんピット跳ね上がり、見事なプレイメイト型に引き締まった。
その神々しさに、しばし見惚れるほどであった、パンティはそのあとの作業である。

ところでどういうわけか北欧系には見事な砲弾の持ち主が多い。片側で何ポンドというのもざらである。
“まあうらやましい”などと、軽々しく言わないで欲しい。
本人には非常に恥ずかしいことであり、苦痛でもある。
まず重みで肩がこるk。ブラジャーのストラップが食い込んで、皮膚にたこが出来る。乳房の下縁がただれて皮膚炎を起こす。そして、何よりも、心もとない男性の好奇の的となる。本人はどれほどつつましかろうと。
そして先ほどのブラジャーのパターンをそのままデザインした乳房縮小術さえ誕生しているくらいだ。
「巨乳」などという表現は差別用語とすべきだといいたくなる。
このような手術、日本人には必要ないと思われるかもしれないが,最近我々の外来で乳房に悩む患者の10人に1人はこのタイプといえる。

持てるもの、持たざるものそれぞれに悩みは深いが、これからも趣味と実益を兼ねて、顰蹙を買わぬ程度に、じっくりと観察と分析を続けて行きたい。

それも先生ご自身ののアンチエイジングの一つですか?

ウーム・・・
by n_shioya | 2013-01-14 21:24 | 美について | Comments(2)
Commented by HOPE at 2013-01-14 23:35 x
ふーむ…
Commented by n_shioya at 2013-01-19 21:43
HOPEさん:
ふーむ・・・


<< しわ取り術の謎 カツカレー礼賛 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム