ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
外科医の適性
東大の裏の一郭に林町と言う閑静な住宅街が在る。
そのお屋敷の一つに,僕は医学部の最終学年の頃、毎土曜日通っていた。
何を勘違いしたのか,武者小路千家、通称官休庵に入門し,その屋敷で手ほどきを受けていたのである。
当時の「痔の大家」、正確には「肛門外科」の荒川先生とお近づきになったのも,そのお茶の席である。

医学部も卒業間近になると、皆、将来の進路で悩むものだ。
外来実習やベッドサイド研修で各科を回ると、どれもいったんは興味を引かれる。だが,それを生涯の専門とするかとなると、実際に入局してみないことには分からないので,迷いが出る。

僕はその頃,一つの臓器で外科、内科を統合する専門医師になるのはどうか,と考えていた。
そのことを荒川大先生に打ち明けると,一笑に付されてしまった。
“君,なあ,外科医と言うのは気っ風の問題だよ。内科医にはメスは持てん。”
階段教室で手術のデモを見ているとき,外科に行く学生は目つきが違うとおっしゃる。
同じ病気を扱っても,内科医はウジュウジュと愚にもつかぬ議論で明け暮れするが、外科医はさっとメスで問題の核心に達し,災いの基を鮮やかに切り取る。
また命の為には機能も犠牲に、機能の為には形を損なうこともいとわない非情さも必要だ・・・

外科医になって,荒川先生の言わんとしたこともよくわかった。外科医が内科医を兼ねるのは、喩えは悪いが、原発推進の元凶が,原発の安全性を担保する委員会の委員長を兼ねるようなもので,滑稽至極とも言える。
また昔の外科医は,寸秒を争って切開、摘出そして縫合を行った。それが生来の素質を助長して外科医タイプを作り出してきた。

だが,麻酔が発達し,手術時間があまりリスクに影響を及ぼさぬようになると,時間をかけて、より丁寧さを求めることが可能になった。
そして形成外科と言う,新しい価値観の外科が生まれた。
生命や機能には支障がないと言う前提のもと、とことん形と仕上がりにこだわるのが形成外科である。
その形成外科医の適性については又別の機会に・・・

by n_shioya | 2012-08-07 21:28 | 医療全般 | Comments(2)
Commented by 恵子 at 2012-08-08 00:44 x
絵画、映画、小説(洋書を辞書無しで・・・・!)
おまけに、茶道ですか。
多趣味ですね。

まんじゅう、一個食うのに
あんな決まりがいっぱいあるなんてー
高校で、まんじゅうに釣られて行き
えらい目にあいました。
派手好きだし、
千利休って人と
多分性格合いません。
Commented by n_shioya at 2012-08-08 20:22
恵子さん:
そう,いわゆる茶人趣味に嫌気がさして僕も中断しました。


<< 形成外科医と言う種族 女の痴漢に襲われる方法 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム