ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「官僚を国民のために働かせる法」
霞ヶ関村の掟は厳しい。
「省益」を忘れ「国益」を考えるような“はしたない男”は、最も陰険な方法でたたき出され、「記者クラブ」という自殺行為で権力側とつるんだ情けない我が国のジャーナリズムは其の“勇敢な者たち”を見殺しにする。
其の中でわれわれ国民のために果敢に戦い続けている勇者が「古賀茂明」である。
b0084241_21594234.jpg

彼はちょうど1年前,現役の経産省幹部として、「日本中枢の崩壊」を著し、経産省,東電の欺瞞と隠蔽、そして彼ら原子力村の住民たちに丸め込まれた民主党の惨状を暴露して、国民の蒙を開いた。
彼がその半年後の11月に出版した「官僚を国民のために働かせる法」が、今また話題を呼んでいる。

霞ヶ関と多少ともかかわったことのあるものにとっては、常識ともいえる事柄の連続だが、そこに身を置いた者の記述だけに具体的で生々しい。
霞ヶ関で君臨するのは,保身のためには恥も外聞もなく権謀術数に走る男たちだ。
かれらは学生時代から、人間性を削っても㊝の数を増やす事が唯一の価値観のヤカラではあったが、最近でははじめから人間性を持ち合わせていないのが問題のようだ。つまりマザコンか何か知らぬが、“一人前の男”になれないまま,権力の中枢に居座っている。

それに対して古賀氏は日本再生のための具体的な処方箋を出しているが、其の実行には国民の覚醒と,土性骨(どしょうぼね)を持った政治家の存在が不可欠である。
泥鰌(どじょう)よ,引っ込め!
by n_shioya | 2012-05-28 22:00 | 原発事故 | Comments(2)
Commented by 恵子 at 2012-05-29 08:11 x
>「省益」を忘れ「国益」を考えるような“はしたない男”は、最も陰険な方法でたたき出され

この先例の1つが
先日の山崎豊子ドラマ、
運命の人での、
沖縄返還をめぐる
えげつない攻防です。

日本も中東の春みたいに
デモ起こらないですかね。
ニートや働きたくても働けない主婦とか、
人材?はありますし。
Commented by n_shioya at 2012-05-30 23:13
恵子さん:
国会も官邸も霞ヶ関も東電にすっかり乗っとられていますね。


<< 頑張れ、J-tec! 「美人の歴史」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム