ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
建長寺での医学会
鎌倉の建長寺で国際学会。
素晴らしいアイデアである。その仕掛け人は、帝京大学の堀江教授だ。
アイディアマンであるだけでなく、腕は良く、センスに恵まれている、言うことのない泌尿器科の名医である。
建長寺での医学会_b0084241_23345917.jpg

テーマはメンズヘルス。
最近は性差医学と言って、それぞれにしかない病気ももちろんあるが、同じ病気でも男女区別して其の違いを研究すべきということが言われている。
反対に更年期障害のように、今までは女性の専売特許と思われた病気が、実は男性にも起こりうるということもわかったきた。
そういった男性のための医学がメンズヘルスである。

僕の専門分野ではないが、ランチョンセミナーに、畏友岡本行夫氏の講演があるので昼だけ参加した次第。
建長寺での医学会_b0084241_23353432.jpg

鎌倉で国際学会をするメリットはいくつもあるが、まず、ソシアル・プログラムの心配がない、通常首都圏の学会では必須ともいえる、鎌倉観光を別に準備する必要がないからである。
また、僧院なので携帯の入らぬところもあり、また冷房も効くとは限らぬようだが、これも心頭を滅却すれば何とかなるものだ。
by n_shioya | 2011-07-02 23:36 | 医療全般 | Comments(2)
Commented by 船長 at 2011-07-04 00:04 x
その性差医学というのは、どこの病院でも取り入れているのですか?
あまり馴染みがないような…
女性は婦人科、男性は泌尿器科で局所的に診るのかと思ってました
Commented by n_shioya at 2011-07-09 21:31
船長さん:
そういう学問分野が出来つつあるというところです。
本音は、今までの医学データは男性中心なので、女性中心の対処も必要だという主張の段階です。


<< クールビズ 風と共に去りぬ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム