ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
学会報告その2
学会報告その2_b0084241_23221038.jpg

昨日までの日本美容外科学会の抄録集を読み返して、聞き洩らした演題の数々の多さに、改めて残念に感じている。
これは2会場同時進行なためにやむをえないことであり、日本抗加齢医学会のようにマンモス化すると、6,7会場が競う会うことも珍しくない。

聞き逃した演題をいくつか拾ってみると、
まず、九州で開業されている矢永先生の「培養表皮の瘢痕治療への応用」がある。
この培養表皮を全国の認可された熱傷センターからの依頼に対し、企業として供給しているのが、先日訪問した(株)ジェイテックである。
熱傷患者の救命ということで保険適用にはなったが、そのために縛りがきついにもかかわらず、ジェイテックが善戦しているのに感銘を受けたのは前回述べたとおり。
矢永先生は、ジェイテックの立ち上げに貢献された方の一人だが、今は個人の開業医の立場で、この培養皮膚を瘢痕修正、白斑、ニキビ跡、入れ墨などの治療に応用されている。
熱傷患者と違い、全身管理の問題や緊急性はないにしても、培養技術そのものは変わりない。それだけ人員も経費も必要とされる治療に、個人のクリニックとして研究開発を含め、取り組んでおられるのには敬服させられる。

今一つは「幹細胞脂肪移植の現状と将来」で、発表はセルポートクリニックの浅野先生だった。
現在注目を浴びている分野で、平たくいえば、今メタボの現況として悪玉にされている脂肪組織の中に、いろいろな細胞に分化しうる“幹細胞”が豊富にあるという話である。
そこでこの幹細胞を、だぶついたお腹から、いささか寂しい胸部に移動させれば一石二鳥というわけだ。
どこまで思惑通りにいくのか、又、長期フォローは如何なものか、是非知りたいところだが、これも聞き逃してしまった。
学会報告その2_b0084241_2323316.jpg

それでもこの男、“忙中閑あり”とぬかして、演題は聞き逃しても美女と京名物の湯豆腐は楽しんでいる不心得者である。
by n_shioya | 2010-10-09 23:24 | 医療全般 | Comments(2)
Commented by HOPE at 2010-10-10 08:47 x
確かに興味の湧く話題ほど重なりがちで
情報を漏らさず手に入れることが難しくなりますね
特に学会などで逃すと痛いですよね…
せっかく大集合しているのだから上手く網羅できる方法はないものでしょうか?
Commented by n_shioya at 2010-10-10 22:12
HOPEさん:
もっとまじめに下調べして、重点的に拝聴すべきでしょうね。ただ、湯豆腐を割愛するわけにはいきませんが。


<< 「副王の一族」 日本美容外科学会を終えて >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム