ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
日本美容外科学会を終えて
二日間にわたって開催された日本美容外科学会を無事終えて、今帰宅したところ。
場所は京都のホテルグランヴィア。京都駅の真上にある。
最近JRでは駅ビルにホテルを併設されることが多いが、共通しているのはアクセスの良さである。
設備はピンからキリまであるが、サービスは決して悪くない。
そしてこのグランヴィアはフラッグシップといえるだろう。

ところでこの日本美容外科学会、全く同名の学会が二つあるのはご存じだろうか。
今回のは形成外科医が主体で作った、本家日本美容外科学会である。
なら、我々の歯元祖日本美容外科学会だと、向こうの方々から言い返されそうだが。

勿論学会は任意団体であり、創るのも命名も自由であり、明日から僕が三つ目の日本美容外科学会を作っても、法律に違反することはない。ただ相手にされないだけである。
だが、今ある二つの学会の確執は、その歴史をたどると、日本の戦後の医学の発展をたどることになると言ったら大げさだろうか。
ともあれここにきて、このままでは混乱を招くし、患者のためにもならないということで、小異を捨てて大同団結する方へと両学会が動き始めたのは喜ばしい。

それはともかく、こちらの日本美容外科学会の発展は目覚ましく、亀井会長のもと、参加者も700人を超え、プログラムも充実したものであった。

もっぱらの話題は、
①レーザー、ボトックス、フィラー等による、非侵襲的な顔の若返り
②脂肪の幹細胞を利用した豊胸術
③レーザーや脂肪融解による痩身術
④男性型脱毛の治療方針
等、等であった。

来年は福岡大学の大慈弥教授のもとで開催の運びとなるが、さらなる発展をお祈りする、今一つの学会との融和も含め。
by n_shioya | 2010-10-08 22:29 | 医療全般 | Comments(6)
Commented by ruhiginoue at 2010-10-09 00:11
 おつかれさまでした。
 参加していたかわかりませんが、もと厚生労働省勤務の皮膚科形成外科医という人が最近、医師の逮捕などについて憂うというより自己弁護っぽい本を自費出版しているのですが、そこでは塩谷先生のもと最初の形成外科大学院生となったと謳っていますが、なんとなく虎の威を借るという印象で、そう書かれることはよろしいのでしょうか。
Commented by valkyries at 2010-10-09 09:28 x
先生、先日はお茶を御馳走になり、ありがとうございました。
色々先生の楽しいお話を伺えたのと、私も久々の学会の雰囲気に触れられて嬉しかったです。翌日のランチは如何されました?
Commented by n_shioya at 2010-10-09 23:36
ruhiginoueさん:
心当たりがないわけではありませんが、迷惑しております。
Commented by n_shioya at 2010-10-09 23:37
valkyries さん:
ランチは心を鬼して、ランチョンセミナーで済ませました。
Commented at 2010-10-12 00:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2010-10-12 08:55
Chippy さん:
大変楽しい学会で、又勉強になりました。
参加者も去年の倍あったそうですね。
皆さまによろしく。


<< 学会報告その2 日本美容外科学会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム