ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
新手のレーザー機種
最近のレーザー機器の発展は目を見張るものがある。
我々の分野だけでも、炭酸ガスレーザーから始まって、ルビー、ヤグ、ダイオードなどなど、医者でも素人の僕にはなかなかついていけない。
困るのは今情報過多の時代で、患者の方からお宅ではこれこれのレーザーを使っておられますか、といって電話受付嬢を悩ませる方も多い。
そしてコンピューター並みに、新機種だけでなく、従来型も半年ぐらいでヴァージョンアップを仕掛けてくる。
これにいちいち対応していたら、何十台そろえても対応できないことになる。
それがお一人で30台も揃えて、しかもフル稼働しているクリニックがある。
新橋にあるみやた形成外科・皮膚科クリニックの宮田先生だ。
b0084241_21244356.jpg

現在、レーザーを扱っている医師は幾らもおられるが、本当にすべてのレーザーに通暁されて方はそれほどおられない。
僕が個人的に存じ上げているのは、東京近辺ではこの宮田先生のほかには、新宿のクロスクリニックの石川先生、東京女子医大の河野先生そして、美容医療、いや形成外科ならなんでもござれの湘南鎌倉病院の山下先生などである。

何故そんなに種類が必要なのだろう?
それは、しわ、シミ、たるみ、痣、など対象疾患によって、レーザーの波長や強さがまったく異なるからだ。しかも最近では電磁波の組み合わせまで出現している。

幸い最近の傾向として、一つの機械で、皮膚にあたる部分、ヘッドというが、それを挿げ替えるだけで、何種類かの器機を兼ねるものもあらわれてきた。
丁度、日曜大工道具で、モーターはひとつだが、それに丸鋸、サンダー、ジグソーなど脱着できるタイプのものをイメージしていただけばよい。
b0084241_21273931.jpg

その新しいタイプの一つが、イスラエルで開発され、日本にも導入されるということで、宮田先生を囲み、企業の方のお話を伺ったばかりである。
僕のような素人は、何度伺っても分かったようなわからないような、また年相応に記銘力も低下してきているので、記憶鮮明なうちにブログで紹介しておく。
by n_shioya | 2010-09-02 21:28 | スキンケア | Comments(4)
Commented by ruhiginoue at 2010-09-03 02:13
 医療機器メーカーの営業をしている人が言ってましたが、医師は新しい機器をその都度に理解など出来ないので、手術にセールスマンが立ち会って医師に使用方法を指示しているほどだから、レーザーも同様でしょう。
 新薬に関しても、製薬会社のセールスマンの言いなり。
 それでも、かつては情報格差のおかげで医師の面子が保ていたけれど、今では医師が患者から質問されることにびくびくしています。
 それで、医師が威張るには「手業」ということですが、それも侵襲性の低いものほどもてはやされ、ハイリスクなものは訴訟にびくびくして点数を上げておいてくれとの要望が出てますね。
Commented by n_shioya at 2010-09-03 23:01
ruhiginoue さん:
レーザーはメカの半分はコンピューターですね。
Commented by モモ太郎 at 2010-09-05 01:03 x
はじめまして。私はみやた先生のクリニックで、ほくろをレーザー除去したことがあります。
レーザーは患者にとって手軽ですし、プチ整形よりも気軽な気がして、これからも広がって行くマーケットではないかと思います。
今でもシワとり手術は人に言えない気がしますが、レーザーだとけっこう気軽に人にも言えちゃいます。
Commented by n_shioya at 2010-09-05 09:40
モモ太郎さん:
ありがとうございます。
患者さんからのご意見、特にポジティブな者は大変うれしいです。


<< 見た目のアンチエイジング ウエルカムバック、浜中院長! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム