ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
創傷治癒センター
今日はNPO法人創傷治癒センターの理事会と、賛助会員を交えての懇親会が京王プラザで催された。
スタートして七年目。
今年はいよいよ神戸で「けが、キズの治し方」というテーマで初めての市民講座を試みる。
又、二年先に控えた国際会議への協力体制も話題になった。

その昔、創傷治癒を始めた頃、「塩谷先生がお好きなわけのわからぬ分野」と大方から揶揄されたことを思うと、今昔の感がある。
いかに傷跡を残さずに治すか、湿潤療法とは、そして培養皮膚の実用化は、などなど、われながら根気よく頑張ってきたものだ。

創傷治癒センター_b0084241_9502614.jpg


これまでの理事の方々の御尽力と、賛助企業の皆さまのご協力に改めて感謝したい。
今後ともよろしくお願いします。
by n_shioya | 2010-05-25 22:48 | キズのケア | Comments(2)
Commented by 船長 at 2010-05-26 07:12 x
早7年目ですか…
治療すれば傷痕など二の次三の次という時代でしたよね
そのあと患者さんが抱える違う傷に目を止められたのは、
もっとずっと前でいらっしゃるのでしょうね
「キレイに治りますか?」とききやすくなってありがたい限りです
さすがに「傷痕の一つや二つ勲章だ」なんて開き直れないですから
Commented by n_shioya at 2010-05-26 22:25
船長さん:
何時もコメント有難うございます。
まだまだ医者の啓もうが必要な分野です。


<< 網膜剥離の其の後 医師の務めとは? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム