ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
徳田虎雄
沖縄問題で徳田虎雄が又脚光を浴びている。
いまの彼と交渉するのはいささか筋違いなような気もするが。

北里大学移って間もなくの頃、彼が訪ねてきたのは、岸和田に徳州会病院第一号を立ち上げて、二番目の八尾の新病院のオープンも間近という時だった。
“医者をよこせ、お前でもいい。”という、“だが医局には支配されたくはない。医師会にも喧嘩を売っている”と、大した鼻息だった。
“だが、なんで僕のところに?”
“俺はな、アメリカ帰りでうだつの上がらん奴を一本釣りしてるんだ。”
うだつは上がらんかもしれんが、教室を開いたばかりなので。とその時はお引き取りいただいたが、面白そうな奴である。
その後、交流が始まり、神奈川地区の徳州会病院のほとんどは、北里から出さしていただくようになった。

彼ほど毀誉褒貶の激しい男も珍しい。
だが、だれ切った日本の医療を改革するには彼のような奴も必要だとおもった。
大阪大学の出身だが、医学部紛争の時は旗振りをやっていたそうだ。
“俺は天才的なアジテーターだ”とは本人の言である。
無医村の徳之島に医療の光をもたらすのが夢だとも言っていた。

その彼が、業病であるALSにり患し、体の自由を奪われてさぞ歯がゆい思いをしていることだろう。
だが、昨今の報道を読む限り、政治家、いやさアジテーター徳田はいまだ健在のようである。
by n_shioya | 2010-04-30 23:05 | 医療全般 | Comments(4)
Commented by ruhiginoue at 2010-05-01 12:35 x
 彼は大学で博士号ボイコット運動をしていたそうで、その後も「博士号なんて学閥を維持する釣り餌」と言ってましたが、たしかに博士号を得る仕組みを知ったら、問題を起こした医師がみんな博士号を持っている理由がよくわかりました。
Commented by n_shioya at 2010-05-01 22:01
ruhiginoueさん:
これから必要なのは本当の“専門医制度”の確立と家庭医の育成、そして両者の協調体制かと思います。
Commented by いかりん at 2010-05-01 23:21 x
なるほど。
徳田さんってそういう方なんですね。
なんとなくもやもやと言葉にできなかった印象でしたが
先生の説明がわかりやすくて納得がいきました。
私も鳩山さんがまず徳田さんに会うというのは違和感を感じました。
Commented by n_shioya at 2010-05-02 21:58
いかりん さん:
ま、よくいえば風雲児ですかね。
立場によって評価はさまざまですが。


<< それでも日本人は「戦争」を選んだ [そうかもう君はいないのか」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム