ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
桂離宮
はっと息を呑むような美しさであった。
何度か訪れたことはある桂離宮だが、通常の見学では護衛付きでひきずりまわされ、
ゆっくり立ち止まったりするとどやされる。
まして、建物の中に入ったり、それが目的で立てられたはずの名月
めでることなどは不可能である。

桂離宮_b0084241_9291733.jpgそれが、今銀座和光別館で展示中の三好和義氏の写真展では、桂離宮のすべてが最高の状態で映し出されている。

松琴亭、月波楼、また凝りに凝った飛び石たち。
ブルノ・タウトの目に映った桂はこうであったのか、
と納得が出来る作品の数々であった。

本館では同じ写真家の修学院離宮、京都御所そして
仙洞御所の写真が展示されているという。

どこも懐かしい場所である。特に修学院は通常の日本庭園と違うスケールの雄大さに、
学生時代感動したものである。

このような御所、離宮でどんなドラマが展開されたのか、改めて源氏物語など読み返したくなった。
by n_shioya | 2010-01-22 23:14 | 美について | Comments(4)
Commented at 2010-01-23 18:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ミカロ at 2010-01-23 19:27 x
素敵な写真展のご紹介ありがとうございました。
見あきることのない作品の数々。
月を眺めるために建てられた桂離宮。
なんて風流!そしてなんという贅沢!!
三好和義氏がおっしゃっていた通り
涙が出るほど美しい。
あまりにも完成された美をみると、
私も涙腺が脆くなります。
Commented by n_shioya at 2010-01-23 23:33
ハドソン さん:
月や紅葉をめでる日本人の心、それを伝えたいために写真を撮り続けたと三好さんは、ギャラリートークで話されました。
Commented by n_shioya at 2010-01-23 23:34
ミカロ さん:
貴女もきっと負けない写真がおとりになれますよ。


<< ガス欠 楽に寄す >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム