exciteMUSIC ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ




PROFILE



95年結成。スウィートでソウルフルでファンキーなバンド、スクービードゥー。彼らの音楽構造と力、そして極端にフロアを焚きつける圧倒的なライブパフォーマンスはオーディエンスを魅了してやまない。

RELEASE

『かんぺきな未完成品』
CHAMP RECORDS
(HICC-3608)
2013年5月15日リリース!

『Bootlegtic-Girl 4』
CHAMP RECORDS
(CMP-007)
¥1,000(tax in)

『MIRACLES』
CHAMP RECORDS
(HICC-3208)

『Bootlegtic-Girl III』
CHAMP RECORDS
(CMP-006)
ライヴ会場限定で販売中! ¥1,000(tax in)

INFORMATION
SCOOBIE DO
ライブ情報を続々UP!!
SCOOBIE DO主催のライヴイベント「Root & United」は毎年、春、秋に開催!

ライブスケジュールはこちら




LINK

OFFICIAL
ARTIST
前回のツアーブログ

『ROOT&UNITED』のこと ※追記あり
11月23日




「挽いたコーヒー豆は冷凍庫で保管する」ということを知ったおかげでコーヒーが美味い。“フライパンの蓋”というものを手に入れ、目玉焼きが上手に出来るようになったおかげで、ベーコンエッグにはまる。そんな充実の一週間を過ごしているうちに、『ROOT&UNITED』のチケット先行抽選受付締め切りが迫っていた。明日24日の23:59まで。おおお。迫っている。20回目の今回は、とてもおめでたいので『ROOT&UNITED SPECIAL』ということにして、SCOOBIE DOとRHYMESTERともう一バンド、大人気の四人組を迎えて行うことにしているのだ。君には、TIME&MONEY&SOULをなんとかやりくりしてもらって、なんとしても来て欲しい、と思っているのだ。絶対に最高の日になる。それだけが分かっている。




『ROOT&UNITED』は2004年から始まったライブパーティーイベントである。『Beautiful Days』というアルバムのリリースツアーが東京、大阪の二カ所限定となってしまったこともあり、2004年の夏も過ぎ去ろうとしている時期には、「ライブハウスでライブをバキバキやっていきたい」モードになってしまった俺達。そんな俺達に、当時の所属レーベル担当ディレクターは「ライブの現場でカッコいいSCOOBIE DOをアピールする」、「CDをリリースすること以外での話題作り」という、言葉にすればなんとも垢抜けない、しかしロックしてロールしていくためには何にも間違っていないコンセプトを形にした自主イベントの開催をすすめてくれたのだった。




そう、俺達はやるしかなかった。




その頃、“生音のFUNK”にこだわりつつあった俺達にとって、代官山のハコ、DJも入れた深夜イベント、というやり方はそのこだわりが花開くためにこの上なく最適な方法に思えた。かくして、2004年9月、試験的に行われたvol.0を経て、2005年の1月21日にvol.1開催。対バンはラテンバンドのCENTRAL、そしてTUCKER。恒例のセッションもここから行われる。その後、「互いのルーツを辿りながら、今、この場所でしかありえないレアなセッションを、ライブハウスに来ることを揺るぎない楽しみとしている君にみせたい!」という強い気持ちが生まれてしまったことをきっかけに、vol.5から夜開催へ移行。そうして、それから。SCOOBIE DO×対バン×山名昇氏×君@代官山UNITというスタイルは変わることなく、今に至る。のである。対バンを振り返る。




vol.0 w/The ZOOT16
vol.1 w/CENTRAL、TUCKER
vol.2 w/犬式
vol.3 w/RHYMESTER
(vol.4は欠番)
vol.5 w/ZAZENBOYS
vol.6 w/bonobos、Romancrew
vol.7 w/The Miceteeth
vol.8 w/FIREBALL
vol.9 w/オーサカ=モノレール
vol.10 w/マボロシ
vol.11 w/YOUR SONG IS GOOD
vol.12 w/曽我部恵一バンド
vol.13 w/riddim saunter
vol.14 w/サンボマスター
vol.15 w/SOIL&“PIMP”SESSIONS
vol.16 w/GOING UNDERGROUND
vol.17 w/レキシ
vol.18 w/the telephones
vol.19 w/スチャダラパー
(2013.11/28 記し忘れていたので追記。この他、vol.15と16の間に『ROOT&UNITED』出張版の『ROOT&UNITED Revue』が行われた。2011年4月、京都MUSE、名古屋CLUB UPSETにてw/riddim saunter、同年5月、札幌にてw/アナログフィッシュ。恒例のセッションも行われ、代官山でのパーティーに負けず劣らずの素晴らしい夜となった。山名昇氏のDJも大好評で、それも嬉しかった。以上、記し忘れていたこと、教えてくれてありがとう)


ひとつひとつの夜を語ってみることは出来るだろう。が。今はあえてこう羅列してみることで感じる熱さにやられていたい。自分達のルーツにこだわり、敬意をはらいながら、自分達にしか出来ない音楽を鳴らすことを決意し、その音楽で“今”が最高を叫ぶ。そんなバンド、グループばかり。ばかりが並んでいる。こんなイベントになって良かった。こういう筋の通ったイベントになって良かった。「ライブの現場でカッコいいSCOOBIE DOをアピールする」、「CDをリリースすること以外での話題作り」という当初のコンセプトはいまやどうでも、いや、どうでもってことはないけれど、そういうことの他に心が満たされる瞬間がたくさんあった。今年の4月、vol.19でのセッションは、SCOOBIE DOの『PLUS ONE MORE』と、スチャダラパーのデビューアルバムにおさめられている『スチャダラパーのテーマ PART.2』を生マッシュアップするという試みであった。なかなか無茶なアイデアのようにも思えたが、演奏は思いのほか上手くいった。そしてなにより、その場で初めて披露されたこのセッションでフロアが躊躇無くFUNKしている様子が想像を遥かに超えていた。その感じがとてつもなくカッコよかった。カッコよかったことが嬉しかった。後日、そのセッションがとても素晴らしく楽しかったと伝えてくれた人達がいた。その日その場限りの音楽そのものを楽しんでくれたことがこれまた嬉しかった。




あの日の夜を振り返り、そして、昔へ昔へひとつづつ順にさかのぼり思い出し、「“今”を楽しむ心意気」こそが『ROOT&UNITED』というイベントそのものなのだ、と確信して、vol.0の開催を前にした俺の心の中までたどり着けば、その心意気はまだ産声をあげていなかった。そして再び戻る今現在。その心意気が生き生きと脈打つ胸の内を感じてみれば、この19回の夜達は(そして、もちろんRevueの夜達も)、たとえ風の中に消えてしまったとしても、俺の心の中に全て突き刺さり埋め込まれ、つまり、残り続ける。改めて、『ROOT&UNITED』(もちろんRevue含む)=出演してくれた全てのバンド、グループ、DJ、その場所に来てくれた君、山名氏、UNIT、に感謝したい。本当に、ありがとう。




20回目の夜も、今を楽しむ心意気で満たされた夜になると確信している。今回共演のRHYMESTERは二度目の出演。2005年、vol.3でのライブセッション後、ステージを降りながら興奮気味に「バンドと一緒にやってこんなに盛り上がったの初めてだなぁ!」と言ってくれたあの場面はいまだに俺の中で鮮明なままだ。2008年、vol.10でのマボロシとの共演時、打ち上げの席で「今日のセッションのブッツケ本番っぷりは俺の歴史の中でも1,2を争うなぁ。イカしたセッションだったよ」とほろ酔いのMummy-D氏が打ち明けてくれたことも、やはりとてつもなくE思い出。そして、今回の『SPECIAL』はもう一バンド。『ROOT&UNITED』初登場となる、あの四人組バンドが加わるんだから、どうなっちまうんだろうか。うん、どうなってもよいやネ。「“今”が最高!」な現場になることは間違いないんだから。起きることは全て楽しんでやろうと今から当日の自分に発破をかける俺なんである。




毎回来ているという君も、行ったことがあるという君も、一度も行ったことが無いという君も、是非ともこの『ROOT&UNITED SPECIAL』に来て欲しい。この日はド派手で、めでたいお祭りにしたいと思っているのだよ。「今を楽しむ君の心意気」はきっとお祭りをよりド派手に、よりめでたくすると思うのである。何が起こるかは分からない。でも、絶対に最高の日になる。それだけが分かっている。




3月30日。楽しみだな。




それまでにはきっと、更に美味いベーコンエッグを作れるようになっているに違いない。




それも楽しみ。




コヤマシュウ
by funkalismo | 2013-11-23 23:16 | Comments(9)
Commented by あきら at 2013-11-23 23:21 x
TIME&MONEYをなんとか用意して20回目のお祝いに駆けつけます!
何よりもチッタってハコで見れるのが楽しみです!
昔から行ってみたかったんです!
楽しみにしてますね☆
Commented by ぽん at 2013-11-23 23:23 x
私はvol.6から皆勤賞!自分でもびっくりで、とてもうれしい!!感謝!vol.20も楽しみ。
Commented by ももねこ at 2013-11-23 23:24 x
ROOT&UNITEDの熱い思いが伝わりました。
挽いたコーヒー豆は冷凍庫で保管するというステキ情報もありがとうございます。

3月30日までがんばって生きてます!
Commented by shizu28ka at 2013-11-23 23:52 x
今から3月30日が楽しみで仕方ありません(*^^*)
お祭り楽しみます♪

そして美味しいベーコンエッグ作れるよう
頑張ってください☆笑
Commented by ららん at 2013-11-24 13:04 x
筋が通ったイベント。いい言葉ですね。

今が最高なライブに参加できることは毎回幸せだなと思ってます。
SCOOBIE DOのライブは本当に楽しい。
楽しかったー!!最高!!って心から歓喜があふれるんです。

活動してくれててありがとうございます。
SCOOBIE DO大好きです!
12月もたくさん行けるから楽しみだなぁ〜。
Commented by ka! at 2013-11-24 21:31 x
ROOT&UNITED、発表された瞬間から楽しむ気まんまんです!
しかもクラブチッタ!リニューアル前の、ですが私が人生で初めて行ったライブハウスなので、色んな意味でテンション上がります( *´艸`)
もう1組の4人組バンド…いろんな方々が浮かびますが、ウキウキしながら発表を待ちます!
Commented by DO子 at 2013-11-24 21:58 x
長文ありがとうございます(^ν^)

是非1度行きたいと思っていましたが、この歴史を知ってますますその気持ちが強くなっています。
ライムスター、スクービー、最高だ!
それにもう1組。

ベーコンエッグ、食べたいです^ - ^
Commented by つん at 2013-11-28 12:01 x
アナログフィッシュはR&Uではなかったんでしたっけ?あれは、特別編だったのか。まーいっか(笑)
わたしはマボロシ初参加で、ずっといってみたいと思ってた憧れのイベントでした!
そして、今回ライムスター!!スクービーの音楽と出会わせてくれたのがライムスターなので本当に嬉しいです♡楽しみに生きます、笑。
ベーコンエッグとコーヒー豆の話で入ってくる感じがたまりませんね!笑
Commented by つん at 2013-11-30 00:15 x
は…!!!まさかの札幌開催が嬉しくて、、覚えてますよ〜山名さんDJがまた雰囲気変わって良かった〜…

早く会いたいです!この冬もスクービー聴いてがんばろ!
<< 立川志らく『全身落語家読本』 すでにお馴染みのヤツや新しいヤツ >>
MOVIE



「かんぺきな未完成品」
(from Album 『かんぺきな未完成品』 )



Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ

Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム