視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログ移転のお知らせ
2006-2007シーズンのブログができました。
こちらをご覧ください
# by style_sanmiya | 2006-12-06 12:50 | スピードスケート
最後のブログ~それぞれの新たな旅立ち~
桜の開花便りと一緒に、お花見に行くよ!!と友達から連絡が来ているのに私の住んでいる北海道は、今日から2日間「大荒れ」予報・・・(-_-;)
どうやら、30センチ~40センチの雪が降るらしい。同じ日本でもこんなにも違いがあるのか?と思います。

この時期妙に気になるのが「引退」と言う言葉。
スケートは、今井選手・牛山選手が競輪の世界へと新たな人生に挑戦します。
スケートでは、食べて行けないというのが正直な気持ちでしょう。
何年か後に武田君と3人で走るレースを見る楽しみが出来ました。
もちろんスケート選手を育てて欲しいとも思いますが、私自身が引退後、選手を育てていないので違う世界で活躍することには大賛成です!

そして、ブログの最終回にふさわしいニュースが(^^♪
「清水宏保選手」が現役続行を発表してくれました。彼が、現役を続けてくれることは、若い子に良い刺激がありますから・・・。
成績よりも「清水宏保」の存在があるだけで十分だと私は思っています。
これは、ファンにとっても嬉しいニュースだったでしょうね。
何よりもすでに「世界記録」を狙うと言っているようで、いつ世界一速い男にまたなるのか?これもまた楽しみになりました。

オリンピックの時に限らず、皆さんにこれからもスピードスケートを応援してもらえると嬉しいと思います。

これからの私は?と言いますと、引退後に始めたレースのシーズンになります。
待ちに待った?とまでは行きませんが、楽しみながら走って行きたいと思います!
是非サーキットに足を運んで下さい!

11月から皆さんありがとうございました\(^o^)/
# by style_sanmiya | 2006-03-28 20:45 | スピードスケート | Comments(77)
新たなシーズンに向けて
最近ずいぶん「春」を感じることが多くなりました。花粉症もちの私には嫌な季節になって来ました(*^_^*)。11月から始まったこのブログも残すところ、あと1回となりました。
スピードの選手は、世界選手権も終わりほとんどの選手がシーズンOFFに入り、挨拶まわり講演などもう少し忙しい日が続くでしょう。

今シーズンは、トリノオリンピックがあり「ウインタースポーツ」の魅力を皆さんに伝えることが出来たのでは?と思いながらも、スピードスケートは成績が良くなかったぶん、どうだったのだろうか?と思っています。

スピードスケートは、これからの4年間できっとリベンジをしてくれるでしょう・・・。
いいえ、しなければなりませんね。ベテランが後輩を育てながら、現役を続けていくでしょうし、新たなエースはどんどん上を目指して突き進んで欲しいと思っています。


4年は長いかも?しれませんが、バンクーバーあっと言う間に来てしまいます!!
4年後の皆の活躍を楽しみに、私のウインタースポーツシーズンもOFFになりました。

選手には、ゆっくり休養してもらって
また、新たなシーズンに向けて頑張って欲しいですね!!
# by style_sanmiya | 2006-03-22 12:09 | スピードスケート | Comments(0)
スピードスケートも観客を楽しませる競技に・・・
3月も半ばに入り、北海道もようやく春に向かっているこの頃です。

つい最近「今井裕介」が競輪へ・・・。と言う記事を目にしました。今井選手?引退したから選手じゃないか(^.^)。
私の率直な感想は、大賛成!!違う世界で頑張る姿をまた見ることが出来る。そして競輪の世界に飛び込む裕介を応援して行きたいと思います。
4年前に武田豊樹くんが歩んだ道に後輩が・・・。いつか2人が戦う日が来るのかな~と楽しみが増えました。

さて、私は先週末に長野県の「志賀高原」に行って来ました。実は、長野放送からアルペンスキーW-CUPのゲストに呼んで頂きました。岡部哲也さんと共にお仕事をさせて頂き違う種目の面白さ、共通点などたくさん得るものがありました。
なによりも、世界のトップスキーヤーの戦いを生で観戦して思ったことは「勝つためには、パーフェクト」ということ。

そして、スピードの選手たちにも、色々な競技を見て欲しいと感じました。勝つために必要なヒントがたくさんあります。自分のいる世界だけを見ていては、息が詰まるでしょう・・・。もっともっと感性を磨いて欲しいな~と思います。
色々勉強になりました。

今回初めてアルペンスキーを観戦して、佐々木明選手や皆川賢太郎選手は、会場に人を集め、見ている人を楽しませるスキーヤーだと感じました。

今後、スピード選手も人をどんどん集められるような魅力的な競技になるように、頑張って欲しいですね!!
# by style_sanmiya | 2006-03-13 11:24 | スピードスケート | Comments(2)
オランダ・ヘレンベーン大会
オリンピックが終わり帰国した選手もいますが、シーズンは終わっていません。
先週末、W杯の最終戦が、オランダのヘレンベーンで行われました。正直オリンピックが終わった後の大会は、消化試合になりがちです。オリンピックの疲れもありますし、気が抜けてしまうのが普通です。
でも、そんな中、吉井選手が優勝と嬉しいニュースがありました。彼女はしっかり目標を持って、すでに4年後に向かっていると確信しました。

それから、外ノ池選手からもメールが来て、オランダのリンクでの自己最高記録で
1000Mを終えることが出来たと報告してくれました。

短距離は、これでシーズンOFFに入ります。色々な疲れをとってゆっくりしてから、それぞれの今後を考えて欲しいと思います!!

ヘレンベーン大会でもオリンピックのメダリストの活躍が目立っていました。
メダリストは疲れ知らず?なのでしょうか・・・。
荒川さんも帰国して何日もしないうちに、アイスショーしていましたし(+_+)


そして、長距離はこれから世界選手権があります。疲れはかなりピークだと思います。
私は頑張ってとしか言ってあげられませんが、最後は笑顔でシーズンを終えて欲しいです!
# by style_sanmiya | 2006-03-06 10:26 | スピードスケート | Comments(2)
オリンピックを終えて・・・
17日間にわたって行われた「トリノオリンピック」も昨日の朝方に終了しました。
スピードスケートは、メダル獲得なしと言う結果に終わりましたが、4年後のバンクーバーに向けての「課題」がたくさん見つかったと思います。
選手の強化はもちろんですが、選手を支えてくれる企業が少ないことや新種目のパシュート競技に、もう少し時間を費やす必要性など、今回のオリンピックを反省しながら考えて行かなければならないのではないでしょうか?

今回参加した選手の中のほとんどが「4年後」を目指します。
悔しかった選手がほとんどだったスピードスケート。でも、ダメだったぶん「4年後」に対しての意識はかなり高いものになったでしょう。

それから、選手ひとりひとりの頑張りにありがとうと伝えたいです。

4年後には、今回獲得出来なかった分のメダルも取って欲しいと思います。
閉会式で皆の笑顔が見られて良かったです!!

選手や関係者には、長くて短い4年間がすでに始まっていることでしょう。
# by style_sanmiya | 2006-02-28 16:54 | スピードスケート | Comments(409)
orinnpiltuku
17日間にわたって行われた「トリノオリンピック」も昨日の朝方に終了しました。
スピードはメダル獲得なしと言う結果に終わりましたが、4年後のバンクーバーに向けての「課題」がたくさん見つかったと思います。
選手の強化はもちろんですが、選手を支えてくれる企業が少ないことや新種目のパシュート競技に、もう少し時間を費やす必要性など、今回のオリンピックを反省しながら考えて行かなければならないのではないでしょうか?

今回参加した選手の中のほとんどが「4年後」を目指します。
悔しかった選手がほとんどだったスピードスケート。でも、ダメだったぶん「4年後」に対しての意識はかなり高いものになったでしょう。
選手ひとりひとりの頑張りにありがとうと伝えたいです。
そして4年後には、今回獲得出来なかった分のメダルも取って欲しいと思います。
閉会式で皆の笑顔が見られて良かったです!!
選手や関係者には、長くて短い4年間がすでに始まっていることでしょう。
# by style_sanmiya | 2006-02-28 16:49 | スピードスケート | Comments(0)
オリンピックも終盤に・・・
オリンピックも終盤に入ってきました。私は相変わらず寝不足の日々です(*^_^*)

スケートは残す所、田畑選手と石野選手の5000mとなりました。田畑選手はこれで5種目出場と、あの橋本聖子さんの並ぶ最多になります。
最後はオリンピックを楽しんで走ってもらいたいと思います。


ここまでを振り返ってみて、正直「誰かはメダルを!」と期待をしていたのですが、結果は「0」。これは、選手はもちろん監督やコーチ陣もしっかりと受け止めて4年後のリベンジを楽しみにしたいと思います。

私も経験者ですから、そう簡単にはメダルは取れないと言う事は分ってはいます。
今回は、それぞれの選手の頑張りに感動したことは間違いありません。

そして世界も少しながら「世代交代」の時期になっていると感じました。
次回開催国のカナダが選手育成に力を入れていることや、まだ競技は残っていますが、長年世界の頂点にいた、ドイツが未だ個人のメダルなしなど、感じることの多かった今日まででした。


競技が終わった選手は、思いっきりオリンピックを楽しんでもらいたいな~と思います。オリンピックは今この時しか楽しめませんから・・・。

そして最高の笑顔で閉会式迎えて下さい!!
# by style_sanmiya | 2006-02-24 11:15 | スピードスケート | Comments(0)
女子の1000m
女子の1000Mが終了しました。入賞ならず・・・。
日本で1番目に走った田畑選手は、すでに2種目走っていてなおかつチームパシュートでは、フル出場。
開会式が始まってから気を休める日がないままの今日の1000M。
体が思うように動かないのは当たり前だと思います。
田畑選手は1500Mがあります。4年間この1500Mの為に頑張って来たと言うように、1000Mのスピード感を得意の1500Mに生かして欲しいと思います。

そしてこのレースで、オリンピックが終了した3選手。「お疲れ様でした」
成績は良くなかったですが、きっと納得のいったレースだったのではないでしょうか?

吉井選手は初めてのオリンピックで、オリンピックで勝つ難しさ・オリンピックでしか味わえない楽しさなどを経験出来て、これからの4年後が楽しみです。まだ20歳ですから、4年後はきっと勝負するオリンピックになるでしょう。

外ノ池選手は、ソルトレークが終わってからの4年間日本代表になれずに苦しみ、たくさん辛いこともあったのですが、なりより無事にオリンピックのスタートラインに立って、無事にゴールしてくれたことで良かったと思います。
選手村の食事がおいしくないとこぼしていたので、帰国したら美味しいものでも食べに行きながら私からの「金メダル」をあげたいですね!!

最後に岡崎選手。4回目のオリンピックのレースが終了し、どんな気持ちなのでしょうか?1000Mは得意種目ではないなか、スタートから弾丸のように飛び出した姿は皆さんに勇気と希望を与えてくれたレースでしたね。

日本の主将の立場もあり、何とか流れを変えたいと思っている気持ちが、今日が1000Mにも出ていました。もちろんメダルは見たかったですが、メダルよりも大切な「頑張る姿」「あきらめない姿」を皆さんに見せてくれた岡崎選手は、誰よりも輝いています!!
# by style_sanmiya | 2006-02-20 10:37 | スピードスケート | Comments(1)
男子1000m
今日の男子1000Mは自宅からの応援!(^^)!
この1000M私が最も好きな距離なので緊張しながら見ていました。
う~っ。残念・・・世界の壁は厚かったですね。
ワールドカップで勝つことが出来ても、オリンピックではなかなか勝てない。これがオリンピックの怖さですね。
a0067529_1027060.jpg


4人の選手は、自分の力を出し切れなかったのではないでしょうか?
中嶋選手はスタートでの失敗があり涙していました。この悔しさを1500Mや4年後に活かして欲しいです。そしてエースの今井選手は、ちょっと滑りが固いように見えました。

気持ちが空回りしたのかな?

1500Mがありますので、気持ちを切り替えて頑張って欲しいですね。

そして何より4年後に向けて、少しずつ世界との差を縮め、オリンピックでの借りはオリンピックで返して下さい。4年あれば十分勝負できると思います。

今日の男子1000Mの優勝した、シャニー選手はスピードスケート初の黒人チャンピオン。新たな歴史が出来た瞬間でした。
# by style_sanmiya | 2006-02-20 10:26 | スピードスケート | Comments(0)



J SPORTS STYLEトップ

関連サイト
三宮恵利子
オフィシャルサイト

ネッツトヨタ札幌

Road toTorino 著者
snow time report
小田島賢

土屋ホーム スキー部監督
木下義幸

田村岳斗

三宮恵利子
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30




Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム